Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)


秋のパタゴニアの森には、静けさがある。

それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。

氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。
人気がなくなり静まったフィッツロイ山麓の森は、私が一番好きな場所でもあります。

日本の秋を歌った高浜虚子の俳句「一枚の 紅葉かつ散る 静かさよ」という感慨を、地球の裏のパタゴニアで同じように感じることができるのは、少し不思議な気持ちです。

暴風から生き物を守ってくれる南極ブナの森には、倒木がいたるところにあります。
南極ブナは暴風に耐えながら、姿形を変えて暴風をいなす様にたくみに生き延びていますが、その寿命の最後もまた暴風により幕を閉じることになります。

森はその暴風により倒された南極ブナを栄養として、暴風に順応して生き残っています。
ふかふかな土壌は、気の遠くなるような世代の倒木の積み重ねで成り立つ、森の一つの貴重な財産です。

風の強い日に森を歩けば、木がきしむ音はたくさん聞こえてきます。

倒木の跡には空間ができて、強風に流される雲間から陽が差すと、スポットライトのように倒木が照らされます。
その空間に引き寄せられるように、マゼラン・キツツキが倒木をつついていたり、ハヤブサのカランチョのオスが求愛のポーズを取っていたり。
森の住民にとっても、特別なランドマークとなるようです。

ベネズエラ・ギアナ高地ロライマの奥地:三国国境と水晶の谷

フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

関連記事

  1. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:壮大な地球のリズムと“ムーラン”

    2020.03.20
  2. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  3. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  4. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
  5. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  6. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
パタゴニア
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP