Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る

2.jpg
1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠

大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る
エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。
氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見つけるだろう。これは氷河に運ばれていた岩が気の遠くなるような時間をかけて、氷河に押しつぶされて、引きずられながら基部の花崗岩を削った痕で、“擦痕”と呼ばれる浸食作用の一つだ
マルコーニ氷河が見えてくると、サイドモレーンの崩れやすいガレ場を歩いて、氷河末端部へ。
氷河の表面を覆う岩石を辿りながら、氷河に入り込む
足元は徐々に青くなっていく。岩石の下は、紛れもない氷河だ
3.jpg
5.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景... ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋 パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。 森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。 パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。 秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガ...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産... サレジオ会の神父=探検家 アゴスティーニ神父は、パタゴニア開拓が活況を迎えた20世紀前半の探検家だ。 サレジオ会の神父であるのだが、生涯をかけてパタゴニアの未踏の山域を歩き、写真と文章で多くの記録を残した。パタゴニアの歴史では探検家として名を馳せた有名人だ。その功績によりマゼラン海峡沿い...
パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために... 幻想的なフィッツロイ峰の朝日と夕日 パタゴニアの名峰フィッツロイは、その圧倒的な存在感に涙を流す人もいるほどで、それは神様に近いほどなのだ。チャルテン村に暮らす人々は、フィッツロイを毎日仰ぎ見て、飽きることなく見入ってしまう。そんな場所に自由に住めるアルゼンチンの人々が羨ましくてしょうがい。 ...

探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

パタゴニア

関連記事

  1. パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア

    2016.05.11
  2. フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

    2015.05.28
  3. 2011パタゴニア旅行 ③カラファテ

    2012.01.22
  4. パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

    2016.04.08
  5. 春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

    2015.09.02
  6. パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

    2014.05.02
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP