Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る

2.jpg
1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠

大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る
エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。
氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見つけるだろう。これは氷河に運ばれていた岩が気の遠くなるような時間をかけて、氷河に押しつぶされて、引きずられながら基部の花崗岩を削った痕で、“擦痕”と呼ばれる浸食作用の一つだ
マルコーニ氷河が見えてくると、サイドモレーンの崩れやすいガレ場を歩いて、氷河末端部へ。
氷河の表面を覆う岩石を辿りながら、氷河に入り込む
足元は徐々に青くなっていく。岩石の下は、紛れもない氷河だ
3.jpg
5.jpg
4.jpg

関連ページ

フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』... フィッツロイ山麓のエルチャルテン発着:カグリエロ氷河トレッキング かつてパタゴニアを覆っていた氷河も、今は縮小する時代です。氷で覆われた原初のパタゴニアを体験するには、南部氷原から流れ出る氷河上を歩く「氷河トレッキング」がお勧めです。 ペリトモレノ氷河の「アイス・トレック」は、氷河の一番迫力...

探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
  2. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  3. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  4. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
  5. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  6. 2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

    2012.02.05
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP