Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠

氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。
真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。
氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。
スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸には影響がない。氷河の作りだす天然の劇場を望みながら登って行く。
マルコーニ氷河を登るにつれて、チャルテンからは見る事のできない、フィッツロイの裏の岩峰群が姿を現す
Pollone峰の鋭い針峰と、Pier Giorgio峰とDomo Blanco峰の屏風のような大岩壁だ
眼下には、マルコーニ氷河の末端部をはるかに見下ろす
氷河の上流を目指し、さらに登り、景色もさらに変化して行く
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...
フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫... 今シーズンのフィッツロイ山麓のテント泊トレッキングでは、フィッツロイBC・セロトーレBCそれぞれのキャンプ地にて、常設テントを利用可能です。 フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備してい...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...

マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る

マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  2. 冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

    2014.05.10
  3. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  4. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
  5. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
  6. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP