Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。
大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。
フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。
強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹いていない。
贅沢にフィッツロイ山群とマルコーニ氷河を展望する大展望台で、まさしく贅沢にテントを張り、のんびりと夕刻を迎える。
徐々に陽光は斜光になり、眼下のマルコーニ谷は一足早く暗くなっている。
氷河の襞は浮きたち、フィッツロイの岸壁が色づいてきた。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検... 未踏の氷原に埋もれた火山 最近パタゴニアで話題になっていることと言えば、新しい火山の発見の話題でしょう。 今なお未踏の大地が広がるパタゴニアらしい話です。 10月下旬に発見されたばかりの新火山です 衛星で偶然発見された火山は、フィッツロイ峰のすぐそばのマリアーノ・モレノ山群でした...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ... パタゴニアで嵐が起きると、手を付けられないほどに暴風が吹き荒れる。 いつ止むともしれない悪天であるが、それは吉兆でもある。 嵐の後には、得も言われぬ絶景に恵まれることが多いからだ。 雲の動きが早ければ、いっそう目を離すことができないだろう。 突然現れて来る絶景を望むためには、...

マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

パタゴニア

関連記事

  1. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  2. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  3. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  4. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  5. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  6. パタゴニアのワイルドフラワー:荒れ地に咲く深紅の花「ノトロ」

    2017.02.04
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP