Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。
大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。
フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。
強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹いていない。
贅沢にフィッツロイ山群とマルコーニ氷河を展望する大展望台で、まさしく贅沢にテントを張り、のんびりと夕刻を迎える。
徐々に陽光は斜光になり、眼下のマルコーニ谷は一足早く暗くなっている。
氷河の襞は浮きたち、フィッツロイの岸壁が色づいてきた。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...
降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア... 日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。 極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。 この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。 その繰り返しの後、雪の融けないあ...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。 氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見...
フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』... フィッツロイ山麓のエルチャルテン発着:カグリエロ氷河トレッキング かつてパタゴニアを覆っていた氷河も、今は縮小する時代です。氷で覆われた原初のパタゴニアを体験するには、南部氷原から流れ出る氷河上を歩く「氷河トレッキング」がお勧めです。 ペリトモレノ氷河の「アイス・トレック」は、氷河の一番迫力...
天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...

マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

関連記事

  1. パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

    2017.11.15
  2. 紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

    2017.01.31
  3. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  4. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  5. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP