Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

1.jpg
3.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている
この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか
そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか
花崗岩の岩場を見渡すと、てんてんと岩が転がっている
触ってもビクともしない重さで、微妙なバランスながら、どっしりとしているものもある
氷河によって長い年月をかけて運ばれた、迷子石だ
静寂として生き物の気配のない高台で、物言わぬ不気味な存在感さえも感じさせて、モノリスとして存在し続けているようだ
2.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...
写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)... 原生林のコンドル・ロッジ宿泊 パタゴニアの名峰フィッツロイ山麓エル・チャルテン村から車で約40分ほど、南極ブナの原生林にあるコンドル・ロッジは、パタゴニアの原始の自然を堪能するには最適な場所です。 わずか10人ほどが宿泊できるコンドル・ロッジの周囲には、半径5キロほどは無人です。美しいコ...

マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

関連記事

  1. パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族

    2016.11.09
  2. 【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

    2018.05.06
  3. パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ

    2015.03.09
  4. 「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

    2013.01.27
  5. 【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

    2013.01.19
  6. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP