Loading

PHOTO-BLOG

白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日


夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。

その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。

赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なのでしょう。

空と山の表情の変化を楽しみながら、じっと静かに日没を待つのは、なんとも幸せな瞬間です。

世界最美の山といえばペルーのアルパマヨ峰が通例ですが、それぞれが自分の世界最美の山を持っていて良いと思うので、
僕にとっては、やはりフィッツロイ峰が世界最美の山です。

関連ページ

関連ページ

パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓... パタゴニアのもう一つの主役:レンズ雲 パタゴニアの魅力の一つが「雲」にあることは、実際に行ってみると納得がいくことでしょう。 西からの暴風に飛ばされて生じる「レンズ雲」と呼ばれる不思議な高積雲は、パタゴニア名物と言っても良いほどです。 その雲の形は、ときにこの世の終わりを感じさせる...
パタゴニア:チャルテン村の建設記念日... 10月12日は、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓、チャルテン村の建設30周年記念日です。 1910年頃から、フィッツロイ山麓の開拓は、主にフィッツロイ牧場とラ・キンタ牧場により行われていましたが、現在のチャルテン村付近は30年前まで無人の土地でした。 チャルテン村の建設までは、アルゼンチ...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...
フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力... チャルテン村から車と船を乗継ぎ、約一時間ほどの距離にあるのがビエドマ氷河です。アルゼンチン・パタゴニアでは最大の面積の氷河で、セロトーレの裏側の源流部から始まります。 幅が約3kmの末端部は、ペリトモレノ氷河同様に高さ40mほどの氷壁がズラリと並び、春から秋にかけて気温が高い時には氷壁が轟音を...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...

メキシコ・マヤの伝統料理:レジェノ・ネグロ

アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

関連記事

  1. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  2. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  3. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  4. 《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

    2018.09.27
  5. 2011パタゴニア旅行 ④レオナ牧場(エステーラ牧場)

    2012.01.29
  6. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP