Loading

風景写真家・松井章のブログ

白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日


夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。

その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。

赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なのでしょう。

空と山の表情の変化を楽しみながら、じっと静かに日没を待つのは、なんとも幸せな瞬間です。

世界最美の山といえばペルーのアルパマヨ峰が通例ですが、それぞれが自分の世界最美の山を持っていて良いと思うので、
僕にとっては、やはりフィッツロイ峰が世界最美の山です。

関連ページ

メキシコ・マヤの伝統料理:レジェノ・ネグロ

アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

関連記事

  1. 《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

    2018.09.27
  2. パタゴニアの暴風のシンボル“斜めに育つ木”

    2021.12.13
  3. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  4. いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

    2014.04.17
  5. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:壮大な地球のリズムと“ムーラン”

    2020.03.20
  6. 《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡

    2018.08.27
パタゴニア
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP