Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋

パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。
森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。

パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。
秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガニレが紅く色づきます。

紅葉の歩みはとてもゆっくりで、じわじわと一ヶ月近くかけて、紅葉は進んでいきます。
2週間ほどで一気に進む?極北”の紅葉に比べれば、パタゴニアの紅葉はとても歩みが遅いのですが、それでも真のピークはほんの3・4日のみです。

深化する紅葉は、降雪と融雪を繰り返すたびに一気に進みます。
その数日を逃さずに、紅葉が最も鮮やかな時に居合わせたいところです。

一方、人里に下りれば、黄葉を見ることができます。
暴風のパタゴニアでは、開拓時代に防風林として大量にポプラが植えられたからです。
黄土色のコイロン草の草原は地平線まで続き、ときおり現れる牧場では防風林が黄色く輝いています。

忙しい夏を終えて閑散としたチャルテン村では、村人はのんびりと冬支度をします。
秋のパタゴニアは、気温がかなり下がり、雪も頻繁に降りますが、最も美しい季節の一つです。

関連ページ

パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群

12/10開催「“南米アンデスの山旅”スライドショー」

関連記事

  1. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  2. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  3. パタゴニアの暴風のシンボル“斜めに育つ木”

    2021.12.13
  4. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
  5. パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

    2015.08.20
  6. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP