Loading

パタゴニア南部氷原・フィッツロイ山群1周トレッキング

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)トレッキングとは

広大な雪原が広がるパタゴニア南部氷原を歩き、フィッツロイ山群を一周します。
パタゴニア南部氷原は、南極、グリーンランドに次ぐ世界で3番目に大きな巨大な氷原です。この一端を歩き、氷河源流部から中流を経て下流、そして氷河末端までの氷河創生の全てを展望できるでしょう。
フィッツロイ山群を一周するので、名峰セロトーレは貴重な西面から望めます。セロトーレ直下のキャンプは、氷河を抱く針峰に囲まれた山岳展望が抜群に良い場所です。
果てしない氷原、フィッツロイとセロトーレの山岳展望、そしてビエドマ氷河の源流から末端まで展望する、パタゴニアで最も美しいトレッキング・ルートで、フィッツロイ山群の全てを見ることができます。

【コース概要】
フィッツロイ北部のマルコーニ氷河を歩き2日間かけて山上の雪原に(アイゼン装着)登ります。広大な雪原をスノーシューで歩き、セロトーレ直下のキャンプ地へ。セロトーレを中心に、氷河を抱く針峰群に囲まれた抜群に展望の良いキャンプ地です。雪原の彼方には、マリアーノ・モレノ山群を望み、ビエドマ氷河の源流部へさらに雪原を歩きます。
トレッキング後半は、ビエドマ氷河のサイド・モレーンに上陸して歩きます。ビエドマ氷河を望みながら、美しい清水が流れる草原や沼沢地を歩きます。ビエドマ氷河の下流でウエムル峠を越えると、広大なビエドマ湖とパタゴニア東部の乾燥した草原、ビエドマ氷河の末端部を見下ろせます。
ビエドマ湖岸に降りて、最後はボートで渡り、チャルテンに戻ります。
予備日2日間を含む7泊8日トレッキングです。
詳しくは、モデルプランにご覧ください。

【体力の目安】
・80リットル(約20kg)のザックを担ぎ、一日当り標高差800mの往復・約8時間の歩行ができる体力を必要とします。申込前には、弊社で体力や経験をお聞きします(免責承諾書と健康確認書の提出)。参加不可と現地あるいは弊社で判断する場合は、お申込をお受けできない場合もあります。
・スノーシュー、ハーネスは現場でお貸ししますが、ご自身で運んでいただきます。スノーシューはザックの外側に外付けします。
・アイゼンはご自身のものをお持ちください。
・氷原上では、スタッフはソリを引きます。お手伝いいただく場合もありますので予めご了承ください。
・テント設営では率先してガイドを手伝ってください。
・通常のトレッキング・ツアーと異なり、「エクスペディション」となります。雪山登山や雪山でのキャンプの経験、アイゼンやスノーシューでの歩行経験、岩場を登る初歩的な技術は必須です。
※別料金で、荷物運搬の専属ポーターを同行させる手配も可能です。

モデルプラン

1日目 <ブエノスアイレス→カラファテ→チャルテン>
ブエノスアイレスで、国際線空港から国内線空港に乗り継ぎ、パタゴニアのカラファテへ
着後、専用車にてチャルテン村へ
ホテル泊 

2日目 <チャルテン滞在>
スタッフとミーティング。荷物の計量や装備チェックを行います。
ホテル泊

3日目
《トレッキング1日目》
専用車で、スタート地点へ。
南極ブナの森林帯を抜けて、マルコーニ氷河末端部のキャンプへ。
(歩行距離:12キロ、歩行時間:6時間、標高差:50m)
テント泊

4日目
<トレッキング2日目>
アイゼンを装着して、氷河を歩きます。
氷河上流のマルコーニ峠へ。
(歩行距離:10キロ、歩行時間:9時間、標高差:800m)
テント泊

5日目
<トレッキング3日目>
マルコーニ峠を越えると、パタゴニア氷原の雪原が広がります。スノーシューに履き替えて、セロトーレ直下のキャンプへ。
(歩行距離:12キロ、歩行時間:7時間、標高差:50m)
テント泊

6日目
<トレッキング4日目>
天候予備日
テント泊

7日目
<トレッキング5日目>
ビエドマ氷河の上流でサイドモレーンに上陸します。荒々しい氷河を望みながら、デルビエント峠のキャンプへ。
(歩行距離:10キロ、歩行時間:9時間、標高差:800m)
テント泊

8日目
<トレッキング6日目>
天候予備日

9日目
<トレッキング7日目>
ビエドマ氷河の末端を目指し、さらにサイドモレーンを歩きます。ビエドマ氷河の末端を望む展望のキャンプへ。
(歩行距離:8キロ、歩行時間:7時間、標高差:300m)
テント泊

10日目
<トレッキング8日目>
ビエドマ湖の湖岸のボート乗り場へ。トレッキング終了。
(歩行距離:5キロ、歩行時間:3時間、標高差:600m)
ボートと車を乗り継ぎ、チャルテン村へ戻る。

11日目
専用車でカラファテ空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
専用車で国際線空港へ乗り継ぎ。
夜、国際線発

フォトギャラリー&動画


関連ページ

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ... 行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。 音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。 夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。 風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く...
風紋と砂丘の幻想:白い水晶のレンソイス砂漠と風の贈り物... レンソイス砂漠に現れる風紋 レンソイス砂漠の魅力を一言で表すとしたら、「白砂の砂漠と、碧い無数の湖」でしょう。 “砂漠”とは対極にあるような“水”が、レンソイス砂漠では同居していることで、世界でも唯一レンソイスだけで見れる景観を作り出しています。 青や緑、橙色の湖の数は、満水時には...
八ヶ岳・編笠山から望む富士を撮影する... 日本にも、抜群に景色の良い“山上のロッジ”や山小屋、そして展望地がたくさんある。 富士山の写真撮影に、ほどよく山歩きの要素も入れたい場合には、南八ヶ岳の編笠山はお勧めだ。 東京方面からのアクセスが良く、高速道路を降りて20分ほどの登山口・観音平は便利だ。 編笠山の山頂直下には、...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...
《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
PAGE TOP