Loading

PHOTO-BLOG

【新ルート】パタゴニア・フィッツロイ山群:氷河回廊トレッキング5日間

パタゴニア・トレッキングの新ルート

パタゴニアの名峰フィッツロイ周辺には、初級者の日帰りハイキングから上級者向けのエクスペディションまで様々なトレッキング・コースがあります。
まだ開拓されたばかりの新ルートのトレッキング手配を開始しました。チャルテン村を基点に、出発地点まで専用車で約4時間かかる秘境のルートです。

このルートには私有地も含まれているので、許認可の問題でなかなか実用化されなかったルートです。

年間2,3グループしか歩かないルートですので、ほとんど人が訪れることのないという意味で、「原始のパタゴニア」の風景の中を歩ける貴重なルートです。

コースが遠隔地にあるために、スタッフの移動などにも費用がかかるため、4名以上のグループでの手配が基本となります。

パタゴニア・フィッツロイ山群のオートルート:氷河回廊トレッキング5日間

20世紀初頭のパタゴニア開拓時代に、多くの探検隊がパタゴニアの未踏の山々を歩きました。
この新ルートでは、約100年前の開拓時代からほとんど手つかずの景色が広がっています。パタゴニアの原始の自然を体感して、壮大な氷河や岩峰群を望みます。
2回目・3回目の方には、ぜひお勧めしたいコースです。

テント、マット、食料の全ては、ガイド達と分担して自分たちで運びます。また、テント設営・撤収では積極的にお手伝いしていただきます。
※ポーター希望の方には、オプションでポーターを手配します。共同装備を運ぶポーターを、グループで1名か2名を手配するのがベストです。緊急時には、ポーターはガイドとともに安全管理でも活躍するでしょう。
※トレッキング適期:11月中旬~3月下旬

モデルプラン:原始のパタゴニアを歩く

1日目:日本発
2日目:ブエノスアイレス着。国内線で、カラファテへ。専用車に乗り換えて、チャルテン村へ(所要約3時間)
3日目:スタッフとブリーフィング。荷物の計量などを行います。
4日目:<トレッキング1日目>専用車でスタート地点へ(所要約3時間)。トレッキング(徒歩約6時間)テント泊
5日目:<トレッキング2日目>トレッキング(徒歩約7時間)テント泊
6日目:<トレッキング3日目>トレッキング(徒歩約8時間)テント泊
7日目:<トレッキング4日目>トレッキング(徒歩約7時間)テント泊
8日目:<トレッキング5日目>トレッキング(徒歩約5時間)。終了後、専用車でチャルテン村へ(所要約3時間)
9日目:国内線でブエノスアイレスへ。国際線空港に移動して、国際線に搭乗
10日目:北米・欧州・中東経由で、帰国の途へ
11日目:日本帰着

関連ページ:パタゴニア・トレッキング












アラスカの氷河ロッジ「シェルドン・マウンテン・シャレー」

ペルー・レインボーマウンテンとアウサンガテ山群:3つの歩き方

関連記事

  1. パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

    2015.03.06
  2. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
  3. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  4. パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力

    2018.06.01
  5. パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲

    2015.05.08
  6. 写真集「パタゴニア-暴風と氷河が織り成す奇跡の絶景」

    2019.06.07
パタゴニア
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP