Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

暴風のパタゴニアに訪れる静寂

暴風が吹き荒れるパタゴニアでも、時には、耳が痛くなるような“静寂”が訪れる時間があります。

パイネ国立公園のペオエ湖畔でその静寂を迎えることができたなら、それはかなり幸運なことでしょう。

夜明け前のひととき、黎明の時間帯に、そんな幸運が訪れることがあります。
徐々に仄かに明るくなる空は快晴で、完全な無風。

聴こえるのは、ペオエ湖畔に打ち寄せる小さなさざ波の音だけ。

まだ陽の当たらない黎明の明るさでも、湖が強烈にエメラルド色を主張しているの分かります。
湖の向うには、無言で浮き上がるように、パイネ山群の名峰、クエルノとグランデが佇んでいます。

刻一刻と、微妙な色合いの変化をしながら、徐々に明るさを増していきます。

日の出の陽光に赤く染まる時間帯よりも一つ前、黎明も、地味ではあるけれど息をのむほどに美しい時間帯です。

パタゴニア専用ページ

●エリア紹介:パタゴニア専用ページ

関連ページ

フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出... 朝3時、満点の星空を確認して、キャビンを出発。 村から10分も歩くと、人工の光のない本当の暗闇となります。ヘッドランプの光を頼りに真っ暗闇を歩く。歩き慣れた道なので、ちょっとした地形の変化で現在位置も分かるので、鼻歌を歌いながら闇の中を歩く。なんて自分は幸せなのだろうとしみじみ感じられる瞬間で...
パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア... グアナコの楽園、パイネ国立公園(チリ・パタゴニア) “アンデスのラクダ”といえば、高地のリャマやアルパカをイメージされますが、標高の低いパタゴニア・アンデスでは「グアナコ」が生息しています。 牧羊の発展とともに大草原は大牧場に分割されて行く中で、羊が同じ草を好んでしまったために、グアナコ...
パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台... パイネ国立公園の絶景の展望台:ペオエ湖畔 パタゴニアのパイネ国立公園の山々を、ペオエ湖畔で望む。 ペオエ湖畔の良さは、パイネ山群の全景を望むことができることです。 左から、グランデ峰、クエルノ峰、アルミランテ・ニエト峰。 クエルノ峰の右後ろに、トーレス・デル・パイネ峰の先端が顔を出し...
フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)... フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。 天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。 山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。 ...
パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート... 秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。 12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。 “繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わず...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...

パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

白い水晶の砂と青空のコントラスト:レンソイス砂漠の奇跡

関連記事

  1. 冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

    2014.05.10
  2. パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

    2015.03.06
  3. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  4. 【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没

    2016.08.15
  5. パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

    2016.04.09
  6. パタゴニア・ウプサラ氷河の後退と氷河谷

    2014.01.29
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP