Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

暴風のパタゴニアに訪れる静寂

暴風が吹き荒れるパタゴニアでも、時には、耳が痛くなるような“静寂”が訪れる時間があります。

パイネ国立公園のペオエ湖畔でその静寂を迎えることができたなら、それはかなり幸運なことでしょう。

夜明け前のひととき、黎明の時間帯に、そんな幸運が訪れることがあります。
徐々に仄かに明るくなる空は快晴で、完全な無風。

聴こえるのは、ペオエ湖畔に打ち寄せる小さなさざ波の音だけ。

まだ陽の当たらない黎明の明るさでも、湖が強烈にエメラルド色を主張しているの分かります。
湖の向うには、無言で浮き上がるように、パイネ山群の名峰、クエルノとグランデが佇んでいます。

刻一刻と、微妙な色合いの変化をしながら、徐々に明るさを増していきます。

日の出の陽光に赤く染まる時間帯よりも一つ前、黎明も、地味ではあるけれど息をのむほどに美しい時間帯です。

パタゴニア専用ページ

●エリア紹介:パタゴニア専用ページ

関連ページ

パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台... パイネ国立公園の絶景の展望台:ペオエ湖畔 パタゴニアのパイネ国立公園の山々を、ペオエ湖畔で望む。 ペオエ湖畔の良さは、パイネ山群の全景を望むことができることです。 左から、グランデ峰、クエルノ峰、アルミランテ・ニエト峰。 クエルノ峰の右後ろに、トーレス・デル・パイネ峰の先端が顔を出し...
パタゴニアで最も神聖な時間:フィッツロイ峰の朝日と夕日... パタゴニアで最も美しい風景 朝日や夕日の瞬間、その艶やかな橙色や紅、黄金色に染まる世界に息を飲むことがある。日常に訪れるこの非日常の瞬間は、この世ならぬ世界に踏み込んだようで、鳥のさえずりさえも静まり静寂に包まれることがある。 それはまるで大聖堂にパイプオルガンの音楽が鳴り響くように神聖...
パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...
パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ... 天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。 今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。 チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。 トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を...
劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...

パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

白い水晶の砂と青空のコントラスト:レンソイス砂漠の奇跡

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

    2015.02.19
  2. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  3. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  4. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  5. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
  6. 中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

    2015.08.15
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP