Loading

PHOTO-BLOG

紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓


4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。

パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。
フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。

南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。

その歩みはとても遅いのですが、何日も滞在していると、確実に赤さが増すのが分かるでしょう。

4月になれば、降雪も頻繁にあります。
雪が降るたびに紅葉は一段と進みます。

関連ページ

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④... 果てしない雪原を歩く 雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。 高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。 パタゴニア独特の雲といえるでしょう。 快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じて...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング... 5月から、南部パタゴニアはいよいよ冬を迎えます。 既にフィッツロイ山麓は雪に覆われています。 フィッツロイ山麓のチャルテン村は、アルゼンチンの乾燥したステップ地帯と、チリ側の多雨地帯との間にあります。冬季も除雪車が入るので、チャルテンからチリ側へ10数キロ走らせると、雪の量もかなり増えます。...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ... 天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。 今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。 チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。 トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を...

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ

パタゴニア

関連記事

  1. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  2. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
  3. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
  4. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
  5. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  6. 嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

    2015.06.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP