Loading

PHOTO-BLOG

紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓


4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。

パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。
フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。

南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。

その歩みはとても遅いのですが、何日も滞在していると、確実に赤さが増すのが分かるでしょう。

4月になれば、降雪も頻繁にあります。
雪が降るたびに紅葉は一段と進みます。

関連ページ

マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。 氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見...
フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...
パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史... パタゴニアと亜南極の樹木:南極ブナ 南部パタゴニアでは、森といえば南極ブナだ。 氷河から吹き降ろす冷たい風に耐えて、環境に合わせて姿を変える柔軟性を持っている。 南極ブナは、その名の通り、かつて南極に生えていた。 それを証明するように、南極ブナの化石が南極半島で見つかっている。 起源は...
パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日... パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。 そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。 それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。 フィッツロイを望...
パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②... 約3日間かけて、谷をつめ、氷河を辿り、源流・パタゴニア大陸氷床へ登る。 マルコーニ氷河は中規模ではありますが、末端を始め、氷河上での大展望は圧巻です。深くえぐるようにできた花崗岩の谷底には、周りの山からの氷瀑が無数に落ちています。 眼下に、歩いてきたマルコーニ氷河を見下ろす。...

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ

関連記事

  1. 白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日

    2017.05.10
  2. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  3. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  4. マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

    2015.05.18
  5. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  6. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP