Loading

PHOTO-BLOG

紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓


4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。

パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。
フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。

南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。

その歩みはとても遅いのですが、何日も滞在していると、確実に赤さが増すのが分かるでしょう。

4月になれば、降雪も頻繁にあります。
雪が降るたびに紅葉は一段と進みます。

関連ページ

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング... 3月下旬のパタゴニア。 だいぶツーリストが減り、トレイルも空いてきています。 フィッツロイBCに2連泊するトレッキングに同行しました。 降雪を伴う悪天の後には、スカッとパタゴニアらしい青空が広がります。 こうして、少しずつパタゴニアは秋を深めています。 ...

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
  2. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  3. 地平線まで白い大氷原に辿り着く

    2015.05.24
  4. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
  5. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
  6. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP