Loading

PHOTO-BLOG

秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)

1.jpg
3.jpg
雪が降るたびに、秋は一段と深まる
晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。
降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく
2.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニアの氷河の源で起こる異変 偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる 南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている 先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩...
冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング... 5月から、南部パタゴニアはいよいよ冬を迎えます。 既にフィッツロイ山麓は雪に覆われています。 フィッツロイ山麓のチャルテン村は、アルゼンチンの乾燥したステップ地帯と、チリ側の多雨地帯との間にあります。冬季も除雪車が入るので、チャルテンからチリ側へ10数キロ走らせると、雪の量もかなり増えます。...
【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング... パイネ国立公園の名ルート「Wトレック」 アルゼンチンとチリの両国にまたがる“風の大地 パタゴニア”地方で、アルゼンチン側ではフィッツロイ山麓。チリ側ではパイネ国立公園が最も展望の優れた名所です。このパイネ国立公園の小屋泊の縦走トレッキングの名ルート“Wトレッキング”を写真と動画を織り交ぜてビデ...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...

姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
  2. 世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

    2012.07.30
  3. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  4. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
  5. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  6. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP