Loading

風景写真家・松井章のブログ

フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

1.jpg
朝3時、満点の星空を確認して、キャビンを出発。
村から10分も歩くと、人工の光のない本当の暗闇となります。ヘッドランプの光を頼りに真っ暗闇を歩く。歩き慣れた道なので、ちょっとした地形の変化で現在位置も分かるので、鼻歌を歌いながら闇の中を歩く。なんて自分は幸せなのだろうとしみじみ感じられる瞬間です。
休憩の時にはライトを消して、空を見上げると信じられないほどの星が空で輝いています。天の川もはっきりと見えるほどの星空の下で、宇宙の神秘や人間存在の不可思議などを少し考えつつ適当に切り上げて、また黙々と歩く。そばの藪に気配を感じて、藪をじっと見ていると、2つの光の点が動いています。最初はびっくりしますが、動きを見ていてそれがキツネの目であることがわかります。
うっすらと明るくなり始めた朝7時頃、山上の湖トレス湖に到着。骨に滲みるような寒さの中、太陽の光がフィッツロイに当たるのを待ちます。
パタゴニアにいると、太陽の力・大切さをとても強く感じることがあります。陽が当たる時の暖かさと、逆に陽の当たらない場所の凍てつくような寒さ。そのような場所にいると、陽の光を切に望むものです。
秋の夜明けは遅く、朝8時過ぎにやっと陽が上ります。陽光がフィッツロイに当たり、黄金に輝く。何度も繰り返し見ている光景ですが、やはり何とも特別な瞬間に立ち会っていることを感じ、とても幸せな時間です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg

秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

関連記事

  1. BA Styleコラム7月号:アルゼンチンで親しまれる「乗馬」

    2021.07.15
  2. パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

    2017.07.10
  3. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
  4. ブエノスアイレスの魅力を伝えるオンライン企画<BA Style>

    2021.12.26
  5. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
  6. 2011パタゴニア旅行 ⑥ヘルシンガー牧場(その二)

    2012.02.12
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP