Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント


パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。
展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。
仰ぎ見るほどの迫力で目の前に迫るフィッツロイを見ていると、時間を忘れてしまうほどでしょう。
テント泊であれば、フィッツロイの朝日・夕焼け・星空を撮影できます。
日帰りであっても、特に午前中のフィッツロイは順光に映えています。

関連ページ

3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ... 2017年3月18日出発で、「フィッツロイ山群トレッキングとペリトモレノ氷河 9日間」を企画しています。 今年3月に催行した企画と同じく、日本から往復9日間という最短日数で、フィッツロイ山群を2泊3日のテント泊トレッキングで歩きます。 フィッツロイのベースキャンプにテントやマットなどのキ...
フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代... パタゴニア・フィッツロイ山麓のエルチャルテン村の空港建設計画 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にある小さな村・チャルテンは、建設されてまだ約30年ほどのとても若い村です。 かつては、チリ国境の安全保障の問題から建設された村ですが、いまではフィッツロイ山群に訪れる多くのトレッカーの基点とな...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ... パタゴニアの春の象徴:アネモネ まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。 新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花と...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検... 未踏の氷原に埋もれた火山 最近パタゴニアで話題になっていることと言えば、新しい火山の発見の話題でしょう。 今なお未踏の大地が広がるパタゴニアらしい話です。 10月下旬に発見されたばかりの新火山です 衛星で偶然発見された火山は、フィッツロイ峰のすぐそばのマリアーノ・モレノ山群でした...

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

    2014.05.02
  2. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  3. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  4. パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲

    2015.05.08
  5. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
  6. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP