Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”


ウユニ塩湖で望む夕日。

陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。

塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。

特に、「乾季」に見ることができる。

じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。

ボリビア・ウユニ塩湖にて、エアストリーム使用のグランピング「デラックス・キャンパー」で、朝日・夕日・星空を満喫しました。

ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没

山岳写真撮影:カメラ機材を運ぶ専属ポーター手配

関連記事

  1. ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル

    2019.01.17
  2. メキシコの領土喪失に見る大国の論理/「アラモを忘れるな」

    2019.10.12
  3. 探検船クルーズで行く南極大陸:中型アドベンチャー船の魅力

    2019.04.26
  4. ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合

    2014.10.02
  5. ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

    2018.04.16
  6. 東京湾の花火の撮影:夜空に咲く「大輪の花」を自由に描く

    2019.09.12
パタゴニア
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP