Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”


ウユニ塩湖で望む夕日。

陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。

塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。

特に、「乾季」に見ることができる。

じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。

ボリビア・ウユニ塩湖にて、エアストリーム使用のグランピング「デラックス・キャンパー」で、朝日・夕日・星空を満喫しました。

関連ページ

ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景... 市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。 イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。 旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す... ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指して南下する いくつもの峠を越えて、最高所では標高4,800mに達するので、アタカマ高地の入域前には、高所順応をある程度しておく必要がある。 奇岩地帯や様々な色の砂漠を抜けて、南下するほどに人の姿は減っていく それに反して、リャマやビクーニャを目にする...

ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没

山岳写真撮影:カメラ機材を運ぶ専属ポーター手配

パタゴニア

関連記事

  1. 「アタカマ高地&ウユニ塩湖、星空と旅」2013年の旅行手配を開始しました。

    2012.12.11
  2. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
  3. アートパネル-額装写真-販売:南米の壮大な自然を飾る

    2017.05.16
  4. ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

    2015.06.29
  5. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
  6. ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空

    2017.06.30
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP