Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①

1.jpg
2.jpg
「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、
乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。
ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。
地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、数回に分けてご案内して行きます。
3.jpg
5.jpg
4.jpg

関連ページ

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...
雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する... ボリビア・雨季のウユニ塩湖 12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。 鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。 雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。 そして鏡張りになるた...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す... ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指して南下する いくつもの峠を越えて、最高所では標高4,800mに達するので、アタカマ高地の入域前には、高所順応をある程度しておく必要がある。 奇岩地帯や様々な色の砂漠を抜けて、南下するほどに人の姿は減っていく それに反して、リャマやビクーニャを目にする...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...

ペルー旅行手配:カーボンオフセットの販売

宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

パタゴニア

関連記事

  1. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  2. 乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

    2015.03.10
  3. チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

    2015.07.21
  4. “天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

    2012.08.01
  5. ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.06.30
  6. 【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)

    2012.10.30
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP