Loading

風景写真家・松井章のブログ

星を見に行く <5月~10月の南米>

IMG_0862.JPG
パタゴニアにて
中南米の旅で楽しみにしていることの一つは、「星を見る」ことです。
大きな空の下で信じられないほどの星が輝く夜空が広がっていたりします。
普段忙しく働いている時の日常生活とは別の、こんな「非日常」も一つの現実です。
旅先で見上げた星空は、きっといつまでも忘れないでしょう。
ふとした瞬間に思いだすような静かな力を秘めた星空の風景。
これから乾季を迎えるアンデス山脈では、星空を見るには最適な季節が始まります。
星空が抜群に見れる特におすすめの地域を考えてみました。
●ウユニ塩湖(ボリビア)
●アタカマ高地(ボリビア、チリ)
●ブランカ山群(ペルー)
●太陽の島(ボリビア)
旅のテーマの一つとして、「星空を見る」ことも魅力的です。

パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

【ペルー・アンデス】トレッキング・シーズンが始まります!

関連記事

  1. 自分だけの聖地を作る

    2012.04.27
  2. 写真展開催のお知らせ(12/20~25)

    2022.10.19
  3. マイノリティの世界観を感じる「神話」

    2013.05.14
  4. 会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)

    2016.10.21
  5. 謹賀新年2017:悠々と舞うコンドルに寄せて

    2017.01.01
  6. トラベルクラブ特典2017カレンダー「南米の一望千頃」

    2016.10.17
パタゴニア
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP