Loading

PHOTO-BLOG

チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

2.jpg
1.jpg
素朴な農村風景からは想像しがたいことだが、“太陽の島”は4,000年とも言われる長い歴史を持つ巡礼の目的地であった。
インカ文明の発祥の地として崇められ、プレ・インカ時代(インカ以前)から文化的に重要な位置を占めてきた“聖なる島”なのだ。
特に大きな遺跡があるわけではないが、島中を埋め尽くす段々畑・アンデネスや泉や階段から、その歴史を感じることができる。
長い時間をかけて、変わらずに守られ続けた石の連なりには、来訪者の感性に委ねられた魅力があると思うのだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け... 日の出の少し前、チチカカ湖と空は、朝焼けで橙色に染まった。 ラパスの方角には、遠くイリマニ山が見える。 逆光に浮き立つレアル山群のシルエットも、夕焼けとは違う美しさだ。 村人の一日は早くも始まっているようだ。 クワを持った人や、学校に行くのか子供達も通り過ぎて行く。 荷物は馬に預け...
ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空... ボリビア・チチカカ湖:インカ文明の発祥の「太陽の島」 インカ文明の発祥の地「太陽の島」から望む、アンデス山脈の展望は忘れることのない絶景だった。 標高3,800mのチチカカ湖は、東京・埼玉・神奈川を合わせた面積とほぼ同じなほど巨大で、半分はペルー、半分はボリビアになる。 古来から利...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景... 車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。 重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。 島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が...
チチカカ湖の巡礼の聖地:コパカバーナ... “太陽の島”への基点となるのは、湖岸の町・コパカバーナだ。 リオ・デ・ジャネイロのビーチと同じ名前だが、オリジナルはこちらボリビアのコパカバーナが本元となる。 コパカバーナの聖母は南米のカトリックでは有力で、この聖母を記念してリオに建てた事から、リオのビーチはコパカバーナと呼ばれるように...

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

チチカカ湖の巡礼の聖地:コパカバーナ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【ボリビア】アアゾン川源流域のピンクイルカ <ビデオ>

    2013.06.13
  2. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
  3. ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

    2016.09.28
  4. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  5. チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

    2015.07.21
  6. アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.07.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP