Loading

風景写真家・松井章のブログ

チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

2.jpg
1.jpg
素朴な農村風景からは想像しがたいことだが、“太陽の島”は4,000年とも言われる長い歴史を持つ巡礼の目的地であった。
インカ文明の発祥の地として崇められ、プレ・インカ時代(インカ以前)から文化的に重要な位置を占めてきた“聖なる島”なのだ。
特に大きな遺跡があるわけではないが、島中を埋め尽くす段々畑・アンデネスや泉や階段から、その歴史を感じることができる。
長い時間をかけて、変わらずに守られ続けた石の連なりには、来訪者の感性に委ねられた魅力があると思うのだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

チチカカ湖の巡礼の聖地:コパカバーナ

関連記事

  1. 南米の“幻のラクダ”ビクーニャを撮影するベストスポット

    2019.08.09
  2. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  3. 中南米「新型コロナウィルス」の対策・状況の最新情報2/28

    2020.02.28
  4. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
  5. ボリビアの万霊節(死者の日):アンデス文化とカトリックの融合

    2021.11.02
  6. 世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

    2017.04.08
パタゴニア
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP