Loading

風景写真家・松井章のブログ

チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

2.jpg
1.jpg
素朴な農村風景からは想像しがたいことだが、“太陽の島”は4,000年とも言われる長い歴史を持つ巡礼の目的地であった。
インカ文明の発祥の地として崇められ、プレ・インカ時代(インカ以前)から文化的に重要な位置を占めてきた“聖なる島”なのだ。
特に大きな遺跡があるわけではないが、島中を埋め尽くす段々畑・アンデネスや泉や階段から、その歴史を感じることができる。
長い時間をかけて、変わらずに守られ続けた石の連なりには、来訪者の感性に委ねられた魅力があると思うのだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

チチカカ湖の巡礼の聖地:コパカバーナ

関連記事

  1. 【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」11月号

    2021.10.18
  2. リャマのいる風景

    2023.06.18
  3. アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.07.02
  4. 乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

    2014.07.11
  5. 塩のホテルに泊まる

    2012.04.22
  6. 写真集「Ubiquitous」が完成しました

    2022.12.13
パタゴニア
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP