Loading

PHOTO-BLOG

チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

1.jpg
2.jpg
車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。
重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。
島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が遺跡と言って良いほどだ。
東の方角にずらりと聳えるのは、アンデスの支脈・レアル山群だ。イヤンプーとアンコウーマの2つの峰が一際目立つ。遠く北西の方角には、アポロバンバ山群も望める。
宿泊ロッジは、段々畑の斜面を利用しているので展望が素晴らしい。
夕方には、レアル山群が鮮やかに橙色に色づくのも、ロッジからじっくりと見れる。
ガスの無い多くの家庭では、今も薪を使う。小さな家の煙突からは煙が上がっている。遠くから響く軽快な口笛で、島の静寂に気づいたものだ。
街灯が無く、家の灯も僅かなので、夜は真っ暗になる。
夜の星空も楽しみだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景... 市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。 イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。 旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向...
ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空... ボリビア・チチカカ湖:インカ文明の発祥の「太陽の島」 インカ文明の発祥の地「太陽の島」から望む、アンデス山脈の展望は忘れることのない絶景だった。 標高3,800mのチチカカ湖は、東京・埼玉・神奈川を合わせた面積とほぼ同じなほど巨大で、半分はペルー、半分はボリビアになる。 古来から利...
世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)... ボリビア首都・ラパスとは ボリビアの首都ラパスは標高3600mに位置する、世界最高所の首都です。 すり鉢状の巨大な窪みにある都市では、空気が最も濃いすり鉢の底の部分が中心部です。 “山の手”に当たる景色の良い斜面を上がれば上がるほどに空気も薄くなることから貧しい人々が住む場所として土地...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰... ボリビア「帝王の山脈」:レアル山群 ボリビアの高原地帯アルティプラーノとアマゾンの間、東西にボリビア仕切る屏風のようにレアル山群の山々がずらりと並びます。 そのレアル山群の山中で、山脈を望む絶景のソラタ村を目指します。 レアル山群は、「インカの王様の山脈」=帝王の山脈という意味です。 ...
ボリビア・ティワナク遺跡と先インカ時代の謎... 大草原に埋もれた謎のティワナク遺跡 ボリビアの首都ラパスから約70kmほど離れた「ティワナク遺跡」は、チチカカ湖を遠くに望む大草原アルティプラーノに位置します。青い空はまるで天蓋の如く地上に覆い被さるようで、息苦しさを感じるほどに大空が存在を主張しています。このアンデス高原“アルティプラーノ”...

アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

パタゴニア

関連記事

  1. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  2. 満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

    2015.07.20
  3. ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

    2016.09.28
  4. 【ボリビア】ウルトラ・ボリビア・レース

    2013.07.12
  5. チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

    2015.07.21
  6. アタカマ高地からウユニ塩湖へ④ いよいよワイルドな国境越え

    2012.06.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP