Loading

PHOTO-BLOG

チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

1.jpg
2.jpg
車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。
重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。
島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が遺跡と言って良いほどだ。
東の方角にずらりと聳えるのは、アンデスの支脈・レアル山群だ。イヤンプーとアンコウーマの2つの峰が一際目立つ。遠く北西の方角には、アポロバンバ山群も望める。
宿泊ロッジは、段々畑の斜面を利用しているので展望が素晴らしい。
夕方には、レアル山群が鮮やかに橙色に色づくのも、ロッジからじっくりと見れる。
ガスの無い多くの家庭では、今も薪を使う。小さな家の煙突からは煙が上がっている。遠くから響く軽快な口笛で、島の静寂に気づいたものだ。
街灯が無く、家の灯も僅かなので、夜は真っ暗になる。
夜の星空も楽しみだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

関連記事

  1. ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

    2016.10.26
  2. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  3. 【ボリビア】アマゾン川の源流から

    2013.06.03
  4. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  5. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  6. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP