Loading

PHOTO-BLOG

アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

1.jpg
「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。
周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。
湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。
チチカカ湖とアンデス山脈を展望する高台のロッジで、写真を撮るのが目的だ。
小さな港で上陸すると、とても小さな遺跡がある。ピルコカイナ遺跡だ。今も地元の人に大事にされているようで、トウモロコシが供えられていた。
遺跡の横には、やはり小さなレストランがある。
天気が良いので、チチカカ湖岸を望むテラスにテーブルを置き、まずは昼食だ。
アンデスの民俗料理「アプタピ」を食べる。
ホカホカのサツマイモが特に美味しかった。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け... 日の出の少し前、チチカカ湖と空は、朝焼けで橙色に染まった。 ラパスの方角には、遠くイリマニ山が見える。 逆光に浮き立つレアル山群のシルエットも、夕焼けとは違う美しさだ。 村人の一日は早くも始まっているようだ。 クワを持った人や、学校に行くのか子供達も通り過ぎて行く。 荷物は馬に預け...
コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ... コンドリリ峰(5,648m) コンドルが羽を広げたような形から名付けられた、ボリビアの名峰コンドリリは、アンデス山脈のレアル山群にあります。周囲には5,000~6,000m峰がずらりと並びます。 レアル山群の麓には、平均標高が3,600~4,500mのアルティプラーノ(高原)が延々と広がりま...
チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景... 車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。 重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。 島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族... アンデス山脈の小さな村・ソラタ ボリビア・レアル山群のソラタ村は、急激に変化するボリビアの中で、ほとんどその景色を変えることのない素朴な村です。 小さな中央広場も町並みも、20年前とほとんど変わっていないような気がするほどです。 巨大な高原アルティプラーノの端から、アマゾンへと切れ落ちるて...
ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景... 市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。 イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。 旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向...

ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物

チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

    2018.01.06
  2. 世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

    2017.04.08
  3. 【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

    2015.11.07
  4. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  5. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  6. ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景

    2018.01.13
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP