Loading

PHOTO-BLOG

雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

yuni.jpg
“天空の鏡”と言われる「雨季のウユニ塩湖」は、来シーズンも既に非常に混んでいます。
ウユニ町から、車で40分ほどの距離にある「塩のホテル」は全部で3軒のみです。
12月~4月は非常に混んでいるので部屋を確保するには、なるべくお早目の予約をお勧めします。
憧れのウユニ塩湖の「塩のホテル」で、たっぷりとウユニ塩湖を体験しませんか?
DSCN0580.JPG
「塩のホテル」のロビー。椅子もテーブルも塩でできています。
DSCN0571.JPG
DSCN0560.JPG
IMG_9892.jpg

関連ページ

乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ... コンドリリ峰(5,648m) コンドルが羽を広げたような形から名付けられた、ボリビアの名峰コンドリリは、アンデス山脈のレアル山群にあります。周囲には5,000~6,000m峰がずらりと並びます。 レアル山群の麓には、平均標高が3,600~4,500mのアルティプラーノ(高原)が延々と広がりま...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ... アマゾンといえば、ブラジルのイメージがありますが、ペルーやボリビアにも、アマゾンはあります。 アンデス山脈から一気に標高が下がり、アマゾンへと変わります。たとえば、ラパスからアマゾンに向う飛行機に乗ると、いかに急激に地形が変わるかが分かります。標高約4000mのラパス空港から、たった40分ほど...
インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは... インカの段々畑「アンデネス」とは アンデス山脈の遺跡の特長といえば、幾重にも連なる段々畑がすぐに思い出されるだろう。 この段々畑は、「アンデネス」と呼ばれる。 山の斜面を隅々まで使うかのように、インカ時代、そして前インカ時代の人々は、とてつもない執念でどこにでも畑を作ったのだ。 ...
ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...

【ブラジル】レンソイス特集① レンソイス砂漠の魅力

インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

    2018.05.26
  2. 乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

    2015.03.10
  3. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
  4. 宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

    2015.06.21
  5. アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

    2015.07.18
  6. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP