Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合

FOTOGRAFÍA (68).jpg
ボリビア・雨季のウユニ塩湖、「塩のホテル」は、12月中旬~3月まで大変混み合っています。
特に年末年始は最も混む時期ですが、12/30~1/3まで、わずか数部屋(Hotel Palacio del Sal)ですが空室があります。年末年始で「塩のホテル」が確保できるのも、そろそろラスト・チャンスとなりますので、お早目の予約をお勧めします。
※弊社手配ツアーでは、「塩のホテル」のみの手配は承っておりません。ラパスあるいはウユニ空港発着での専属ガイド同行ツアーでの手配から承りますので、予めご了承ください。
DSCN0571.JPG
Hotel Palacio del Sal
palacio-de-sal41.jpg.1024x0.jpg

関連ページ

乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)... 乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験 ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。 ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。 モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー ...
ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す... ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指して南下する いくつもの峠を越えて、最高所では標高4,800mに達するので、アタカマ高地の入域前には、高所順応をある程度しておく必要がある。 奇岩地帯や様々な色の砂漠を抜けて、南下するほどに人の姿は減っていく それに反して、リャマやビクーニャを目にする...
デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング... 岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖 世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。 ウユニ塩湖の悠久の成り立ち ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...

ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

ブラジル・イグアス:ラフティング世界大会の開催

関連記事

  1. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  2. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  3. 【ウユニ塩湖・塩のホテル】年末年始の残室状況

    2013.11.04
  4. ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

    2013.06.21
  5. アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

    2015.07.18
  6. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP