Loading

PHOTO-BLOG

塩のホテルに泊まる

IMG_9683.jpg
ウユニ塩湖の「塩のホテル」
塩湖沿いにいくつか「塩のホテル」はあります。
弊社がご紹介する、この塩のホテルは立地が抜群です。
周りに何もないのです。
正真正銘、塩湖の大平原にあります。
周りに建物がないので、星がキレイです。
流れ星も見えます。
地平線までスッキリ何もない環境に身を置くと、いろいろ考えます
仕事や生活のことなど
きっと何かの変化をもたらす、そんなホテル滞在になるかなと思います
テーブル、いす、ベッド、柱、すべて塩でできています
今年は改築したので、設備もリフレッシュです
IMG_9892.jpg

関連ページ

数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区... ボリビアの首都ラパスから、国内線で1時間。4,000mのアンデス高地から一気に標高を下げて、アマゾンの源流域へ、機内から見る景色はみるみる変わっていきます。 ヤクマ自然保護区のジャングル・ロッジに宿泊しながら、ボートで野生動物を観察します。 太陽が真上に位置する頃、狭い川の両側には、ワニ...
ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景... 乾季・ウユニ塩湖の魅力 乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。 欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。 乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。 2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。 蜃...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合... ボリビア・雨季のウユニ塩湖、「塩のホテル」は、12月中旬~3月まで大変混み合っています。 特に年末年始は最も混む時期ですが、12/30~1/3まで、わずか数部屋(Hotel Palacio del Sal)ですが空室があります。年末年始で「塩のホテル」が確保できるのも、そろそろラスト・チャンス...
アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...

ティカル遺跡を歩く

心が温まるグアテマラ滞在

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
  2. ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空

    2017.06.30
  3. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
  4. 宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

    2015.06.21
  5. コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ

    2013.12.28
  6. 雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

    2017.10.06
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP