Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ④ いよいよワイルドな国境越え

DSCN0200.JPG
ラグーナ・コロラダ
DSCN0143.JPG
ラグーナ・ベルデ
チリ側・アタカマ高地から、国境を越えてボリビア側・アタカマ高地へ。
標高が一気に上がり、平均で4000mの高原となります。
さらに景色は変わります。
ラグーナ・コロラダはプランクトンが大量に生息することで水の色は赤く、ラグーナ・ベルデは湖水に含まれるミネラルにより水の色がエメラルド色になっています。
道は、四駆でなければ通れない、ダートな道です。
風の音以外には、人の気配も生き物の気配もないです。風が止めば、耳が痛くなるほどにシンとした空気に包まれます。
ボリビア側に入るとツーリストは極端に減り、まさに秘境に入ります。
ワイルドだろ~

関連ページ

【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ... ボリビア・アマゾン①:ヤクマ自然保護区 ボリビア・アマゾンの紹介ビデオ①「ヤクマ自然保護区」を作りました。You Tubeの弊社動画チャンネルhttps://www.youtube.com/user/AndinaTravelJP にアップしています。 ボリビア・アマゾンの魅力は、未開の野生へのア...
ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」... アマゾン川の源流域に位置する、ボリビア・アアゾンのヤクマ自然保護区は、野生動物を観察するのに非常に適した場所です。「野生動物の楽園」と言ってもいいでしょう。 アマゾンといえば、どこでも野生動物を見れるように思われがちですが、実際には野生動物を多く見れる場所はわずかです。各地で開発が続き、野生動物...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景... 車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。 重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。 島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が...
アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...

「青い空の会展示会」のお知らせです

悩みを取り除く、キタ・ペナ人形

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景

    2018.01.13
  2. ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

    2015.06.27
  3. 【ボリビア】ウルトラ・ボリビア・レース

    2013.07.12
  4. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
  5. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  6. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP