Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ④ いよいよワイルドな国境越え

DSCN0200.JPG
ラグーナ・コロラダ
DSCN0143.JPG
ラグーナ・ベルデ
チリ側・アタカマ高地から、国境を越えてボリビア側・アタカマ高地へ。
標高が一気に上がり、平均で4000mの高原となります。
さらに景色は変わります。
ラグーナ・コロラダはプランクトンが大量に生息することで水の色は赤く、ラグーナ・ベルデは湖水に含まれるミネラルにより水の色がエメラルド色になっています。
道は、四駆でなければ通れない、ダートな道です。
風の音以外には、人の気配も生き物の気配もないです。風が止めば、耳が痛くなるほどにシンとした空気に包まれます。
ボリビア側に入るとツーリストは極端に減り、まさに秘境に入ります。
ワイルドだろ~

関連ページ

乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
【雨季・ウユニ塩湖】年末年始「塩のホテル」のお部屋、確保しています!... 大人気の雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」は、確保がとても難しい状況です。3軒しかないので、部屋数に限りがあるからです。12月~3月末まで続く雨季の中でも、特に混むのは年末年始です。 弊社では、「塩のホテル」で数部屋を確保しています。 宿泊するだけでも貴重な体験とも言える「塩のホテル」、ご興味のある...
【ウユニ塩湖・塩のホテル】年末年始の残室状況... 年末年始のウユニ塩湖の「塩のホテル」は、すでに激しく混み合っています。1年で最も混む時期とも言えます。 1/2、3の2日間に関しては、早い者勝ちとなりますが、「Palacio del Sal」で、現在わずかながら残室があります。 もしご希望の方がいらしたら、お早目にご連絡ください。 Hotel ...
ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ... クラシックなレイナ・デ・エニン号 ボリビア・アマゾンの源流域(マモリ川)では、クルーズ船に乗ることもできます。はるか大西洋まで、まだ約3,000キロありますが、この付近では川幅は約500mほどありました。実際に測ってみたので、正確です。。。 クルーズといっても、非常にクラシックな船です。アドベン...
ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ... アマゾンといえば、ブラジルのイメージがありますが、ペルーやボリビアにも、アマゾンはあります。 アンデス山脈から一気に標高が下がり、アマゾンへと変わります。たとえば、ラパスからアマゾンに向う飛行機に乗ると、いかに急激に地形が変わるかが分かります。標高約4000mのラパス空港から、たった40分ほど...
ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)... ウユニ塩湖でキャンピングカーに宿泊 日本でも各地で流行り始めた豪華キャンプ「グランピング」は、南米各地では一足先に定着しています。 欧米人の要望に応じて発展したサービスなので、想像以上に豪華で大人なクオリティです。 ボリビア・ウユニ塩湖では、デラックス・キャンパーをお勧めしています...

「青い空の会展示会」のお知らせです

悩みを取り除く、キタ・ペナ人形

パタゴニア

関連記事

  1. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
  2. ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

    2015.06.29
  3. ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

    2016.10.26
  4. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。

    2012.10.03
  5. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  6. ボリビア・ティワナク遺跡と先インカ時代の謎

    2019.01.31
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP