Loading

PHOTO-BLOG

深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤

1.jpg
ラグーナ・アスールを目指して、ウエムル峰の谷を詰めていく。
湖は驚くほどに青い。
氷河湖といえば、ミルク色のグレイシャー・ブルーが定番であるが、氷河湖ごとに青は青でも色が異なる。
ラグーナ・アスールの青は、とても透明で原色に近い「青」だ。
この湖と氷河と岩峰が私有地であるとは、日本の常識では考えられないスケールの大きさだ。
湖の畔でたっぷりと3時間は過ごしただろうか。
グループの大半がアルゼンチン人であったために、のんびりとマテ茶を回し飲みしながら、ヘルシンガー牧場の宿泊者だけが望める絶景を独占した。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる... 広大な草原を、どこまでも歩く。視界の大部分を占める大空。 そんな体験は、アルゼンチン・パタゴニアの『エスタンシア(牧場)』に宿泊することの特典の一つと言えるでしょう。 草原をどこまで歩いても誰も干渉しないし、もちろん戻って来れる。何でもない体験のようですが、いつまでも忘れない不思議な思い出に...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡... ウプサラ氷河の展望台は、クリスティーナ牧場の裏山にある。 往路は車で行き、復路はトレイルを歩いて下りるのがお勧めだ。 車で20分ほど斜面を登ると、すぐに樹林帯を抜けて岩盤がむき出しの荒涼とした風景に変わる。 地球の歴史のスパンで考えれば、ついさっきまで、ここは氷河に覆われていたのだ。 展...
アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...

山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  2. ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ

    2015.08.27
  3. パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

    2015.08.12
  4. パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

    2014.05.19
  5. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  6. 【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

    2013.01.19
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP