Loading

PHOTO-BLOG

中南米周遊に強い航空会社:ラタム航空(JAL系ワンワールド)

ラタム航空とは

南米最大の航空会社である「ラタム航空」は、チリとブラジルを基点に、南米各国に就航しています。

元々は、チリ本国でペルー・アルゼンチン・エクアドルなどでも展開する「ラン航グルーブ」とブラジル最大の航空会社「タム航空」が2012年に合併して生まれたのが、「ラタム航空」の始まりです。

このことから、南米中にネットワークを広げているので、ラタム航空で周遊チケットを手配することが可能です。

日本発着の航空券の特徴:JAL運航便の利用

JLのマイレージ・グループ「ワンワールド」に所属するラタム航空は、JAL(日本航空)との共同運航便を使えるのが便利です。
たとえば、ラタム航空で南米へ行くには、北米経由か欧州経由のどちらかを利用することになります。

この場合、東京・大阪/ニューヨーク、またはロサンゼルスの区間は、JAL運行の機材サービスで行くことができます。北米から南米大陸への区間はラタム航空の機材利用です。
同様にヨーロッパ経由でも、東京・名古屋・大阪/フランクフルト・ロンドン・パリの区間は、JAL運行の機材で行きます。そして欧州以遠は、ラタム航空の機材利用です。

注意

技術的に上記のように、日本各都市から手配可能ですが、フライト・スケジュールを考慮すると、うなく繋がらないケースが多くあります。日付が決まったら、出発地と目的地とともに一度ご相談ください。
実際に組めるフライトスケジュールで料金計算をします。

燃油サーチャージ0円の「お買い得感」

原油価格の推移に連動して、上昇・下降する「燃油サーチャージ」は、航空券の料金に付加される料金です。
現在、ラタム航空では燃油サーチャージを請求しない料金体系ですので、航空券の中ではお得感が強い航空会社です

関連ページ:格安航空券

ペルー・アンデス最大の祭り「インティライミ(太陽の祭り)」:1日ツアー

ナスカの地上絵とパルパの地上絵:遊覧飛行の新コース

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

    2015.04.09
  2. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  3. マチュピチュを歩いて感じる旅①

    2012.03.28
  4. パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア

    2016.05.11
  5. ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰

    2016.08.08
  6. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP