Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

1.jpg
ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。
湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。
氷塊の美しい青に魅入ってしまう。
氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。
この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。
映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として取り上げられている。
空を見上げれば、奇妙な雲が浮かんでいる。
レンズ雲だ。
上空の風が強い時に発生する高積雲で、パタゴニアでは不思議なレンズ雲がたくさん現れる。
船は氷塊を避けながら進み、奥にウプサラ氷河が見えてきた。
ウプサラ氷河の末端は氷塊が多く、船では近づくことができない。
水道の分岐で、氷塊で埋まるウプサラ水道とノルテ水道に分かれる。
船は右のノルテ水道を北上し、突き当りの湾にある「クリスティーナ牧場」を目指す。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア... レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。 人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。 ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。 内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアン...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて... ノルテ水道を北上すると、ピラミダルな山容のノルテ峰が見えてくる。 ノルテ峰の山麓の氷河谷が「クリスティーナ牧場」だ。 牧場の敷地は広大で、ウプサラ氷河を望める唯一の展望台もまた、クリスティーナ牧場の敷地にある。 静かな湾の奥に進むと氷塊の数は減り、ノルテ峰の懐に抱かれるようにクリスティーナ...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...

レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

関連記事

  1. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
  2. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
  3. パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影

    2016.04.24
  4. ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

    2016.08.24
  5. パイネ国立公園でグアナコを撮影するために

    2015.02.28
  6. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP