Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

1.jpg
ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。
湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。
氷塊の美しい青に魅入ってしまう。
氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。
この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。
映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として取り上げられている。
空を見上げれば、奇妙な雲が浮かんでいる。
レンズ雲だ。
上空の風が強い時に発生する高積雲で、パタゴニアでは不思議なレンズ雲がたくさん現れる。
船は氷塊を避けながら進み、奥にウプサラ氷河が見えてきた。
ウプサラ氷河の末端は氷塊が多く、船では近づくことができない。
水道の分岐で、氷塊で埋まるウプサラ水道とノルテ水道に分かれる。
船は右のノルテ水道を北上し、突き当りの湾にある「クリスティーナ牧場」を目指す。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ... パタゴニア先住民の各部族にとって、グアナコは大切な生活の糧であった。 肉は食糧に、毛皮は衣服やテント型住居の覆いに、腱は糸として使われ、骨は矢尻や釣針に加工された。 19世紀末に開拓が本格的に始まると、先住民は一気に駆逐されて姿を消した。その後を追うように、パタゴニアの風景の代名詞ともいえる...
パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ... パタゴニアの歴史を一変させたイネ科の草・コイロンは、太陽の光線が斜光の時には、大草原に金色にシルエットが浮かび上がり、ちょっとした演出をしてくれます。 まるで草原全体が金色の絨毯のようになるのです。 フィッツロイ山麓に広がる草原を縦断する40号線を走っていると、コイロンを食む無数のグアナ...
レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア... レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。 人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。 ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。 内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアン...
数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①... 先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。 「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。 岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付ける...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...

レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

    2016.04.08
  2. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  3. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
  4. パタゴニアのワイルドフラワー:荒れ地に咲く深紅の花「ノトロ」

    2017.02.04
  5. 「パタゴニア南部氷床トレッキング」、動画を作成しました!

    2013.05.02
  6. パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

    2014.05.19
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP