Loading

風景写真家・松井章のブログ

レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

1.jpg
ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。
風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。
はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。
エスタンシアの良さは、宿泊者以外には広大な土地にほとんど人がいないことだ。心行くまでフィッツロイを望める。
南半球の夏至は、北半球で冬至にあたる。
夏至に向けて、太陽はますます南に傾き、昼間が日に日に長くなる。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

関連記事

  1. パタゴニア:風とアンデス山脈が作り出す激烈な気候

    2020.11.22
  2. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  3. 《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

    2012.07.20
  4. 早春のパタゴニア:チャルテン村と花畑

    2023.12.01
  5. マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

    2015.05.20
  6. クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

    2015.10.26
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP