Loading

PHOTO-BLOG

レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

1.jpg
レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。
人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。
ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。
内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアンデスの山並は屏風のようにずらりと南北に聳える。
山脈の左側(南側)に、湖に流れ込む“ビエドマ氷河”が見える。
ここ数十年で一気に後退している氷河で、ビエドマ湖の水の大きな供給源だ。
ビエドマ湖岸にも宿舎がある。レオナ牧場が所有する“エステーラ牧場”だ。
ここに泊まると、誰もいない草原で、湖上に浮かぶフィッツロイの展望を独占することができる。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ... パタゴニアの歴史を一変させたイネ科の草・コイロンは、太陽の光線が斜光の時には、大草原に金色にシルエットが浮かび上がり、ちょっとした演出をしてくれます。 まるで草原全体が金色の絨毯のようになるのです。 フィッツロイ山麓に広がる草原を縦断する40号線を走っていると、コイロンを食む無数のグアナ...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在... パタゴニア大陸氷床(南部氷原)から吹き降ろす風は、時に信じがたいほどの強さで吹きます。そのような風が吹く谷には、写真のような木を目にすることでしょう。 常に同じ方向から風が吹くので、このような形になってしまったのです。 この木は、エスタンシア(大牧場)の防風林ですので、その役目を十分に果たし...
パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる... 広大な草原を、どこまでも歩く。視界の大部分を占める大空。 そんな体験は、アルゼンチン・パタゴニアの『エスタンシア(牧場)』に宿泊することの特典の一つと言えるでしょう。 草原をどこまで歩いても誰も干渉しないし、もちろん戻って来れる。何でもない体験のようですが、いつまでも忘れない不思議な思い出に...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤... ラグーナ・アスールを目指して、ウエムル峰の谷を詰めていく。 湖は驚くほどに青い。 氷河湖といえば、ミルク色のグレイシャー・ブルーが定番であるが、氷河湖ごとに青は青でも色が異なる。 ラグーナ・アスールの青は、とても透明で原色に近い「青」だ。 この湖と氷河と岩峰が私有地であるとは、日本の常識...

パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖

    2016.05.27
  2. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
  3. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
  4. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
  5. パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

    2015.08.12
  6. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP