Loading

PHOTO-BLOG

レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

1.jpg
レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。
人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。
ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。
内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアンデスの山並は屏風のようにずらりと南北に聳える。
山脈の左側(南側)に、湖に流れ込む“ビエドマ氷河”が見える。
ここ数十年で一気に後退している氷河で、ビエドマ湖の水の大きな供給源だ。
ビエドマ湖岸にも宿舎がある。レオナ牧場が所有する“エステーラ牧場”だ。
ここに泊まると、誰もいない草原で、湖上に浮かぶフィッツロイの展望を独占することができる。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在... 静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。 最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。 テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。 賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテ...
パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる... 広大な草原を、どこまでも歩く。視界の大部分を占める大空。 そんな体験は、アルゼンチン・パタゴニアの『エスタンシア(牧場)』に宿泊することの特典の一つと言えるでしょう。 草原をどこまで歩いても誰も干渉しないし、もちろん戻って来れる。何でもない体験のようですが、いつまでも忘れない不思議な思い出に...
中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ... 「手の洞窟」から望むセロ・カスティージョには、先住民の視点を仮想する物語性があった。 セロは「峰」、カスティージョは「城」を意味するスペイン語だ。 中部パタゴニアも、アンデス山脈を境に太平洋側は降水量が多いので、セロ・カスティージョのすぐ南には、パタゴニア北部氷床が形成された。 フィッ...
深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤... ラグーナ・アスールを目指して、ウエムル峰の谷を詰めていく。 湖は驚くほどに青い。 氷河湖といえば、ミルク色のグレイシャー・ブルーが定番であるが、氷河湖ごとに青は青でも色が異なる。 ラグーナ・アスールの青は、とても透明で原色に近い「青」だ。 この湖と氷河と岩峰が私有地であるとは、日本の常識...
クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在... クリスティーナ牧場は、広大な敷地の中にたった3棟だけのキャビンを持っている。 1棟に2部屋あるので、全部で6部屋しかない。 宿泊者は最大でも12~16名しか泊まれないのだ。 夏のハイシーズンには、満室の日が多いのは当然といえば当然だろう。 ウプサラ氷河を陸地から展望できるのは、牧場の敷地...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...

パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

関連記事

  1. フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア

    2015.06.17
  2. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  3. パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

    2015.09.21
  4. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  5. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
  6. パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

    2015.04.18
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP