Loading

PHOTO-BLOG

秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

1.jpg
南極ブナの森を歩く。
秋、風の強いある日。
誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。
耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、木の幹同士で擦れる音が聞こえてくるのです。
森の中では、コツコツと木を硬いもので叩く音が聞こえてきます。マゼラン・キツツキです。日本のアカゲラのようですが、オスは首から上が真っ赤です。木の幹に潜む虫を探して、人がいるのも気にせずに、幹に穴を開けています。
森の藪の奥の方で、ザワザワとした小さな音と気配を感じたことがあります。人が通るにしては小さな音であり、キツネが通るには音と気配が大きすぎる。その音が何なのか、じっとして見ていると気配は消えてしまいました。それが何なのかはわかりませんが、もしかすると「ウエムル」という鹿であったのでは、と淡い期待を寄せたりしました。絶滅危惧種のウエムルは、めったに人の前に姿を現さない警戒心の強い鹿です。その鹿を見れる事は滅多にないほどの幸運です。
朝の雪から一変して晴れ上がった午後、フィッツロイを望める岩場の上でなんとも贅沢な昼寝をしようとしていると、頭上に大きな影がスッと通りました。見上げると、コンドルがすぐ間近の頭上で旋回しています。岩場で横たわり動かない私を見て、彼らのエサである死骸なのかどうか様子を見に来たのでしょうか。慌ててカメラを取り出すと、強風に乗り旋回を繰り返しながら、視界から消えてしまいました。
めまぐるしく変わる独特な天候の中で、過ごし方も毎日異なりますが、その日ごとにそれぞれの歩く楽しみ方があります。どんな天候でも、とりあえずは森へ歩きに行ってみると、予想外に好天したり、思いがけない動植物との出会いがあります。
2.jpg
3.jpg
カラファテ
4.jpg
サルオガセ
5.jpg

関連ページ

「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...
マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。 氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②... 約3日間かけて、谷をつめ、氷河を辿り、源流・パタゴニア大陸氷床へ登る。 マルコーニ氷河は中規模ではありますが、末端を始め、氷河上での大展望は圧巻です。深くえぐるようにできた花崗岩の谷底には、周りの山からの氷瀑が無数に落ちています。 眼下に、歩いてきたマルコーニ氷河を見下ろす。...

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  2. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  3. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  4. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  5. ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

    2014.07.17
  6. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘

    2014.01.17
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP