Loading

PHOTO-BLOG

秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

1.jpg
南極ブナの森を歩く。
秋、風の強いある日。
誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。
耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、木の幹同士で擦れる音が聞こえてくるのです。
森の中では、コツコツと木を硬いもので叩く音が聞こえてきます。マゼラン・キツツキです。日本のアカゲラのようですが、オスは首から上が真っ赤です。木の幹に潜む虫を探して、人がいるのも気にせずに、幹に穴を開けています。
森の藪の奥の方で、ザワザワとした小さな音と気配を感じたことがあります。人が通るにしては小さな音であり、キツネが通るには音と気配が大きすぎる。その音が何なのか、じっとして見ていると気配は消えてしまいました。それが何なのかはわかりませんが、もしかすると「ウエムル」という鹿であったのでは、と淡い期待を寄せたりしました。絶滅危惧種のウエムルは、めったに人の前に姿を現さない警戒心の強い鹿です。その鹿を見れる事は滅多にないほどの幸運です。
朝の雪から一変して晴れ上がった午後、フィッツロイを望める岩場の上でなんとも贅沢な昼寝をしようとしていると、頭上に大きな影がスッと通りました。見上げると、コンドルがすぐ間近の頭上で旋回しています。岩場で横たわり動かない私を見て、彼らのエサである死骸なのかどうか様子を見に来たのでしょうか。慌ててカメラを取り出すと、強風に乗り旋回を繰り返しながら、視界から消えてしまいました。
めまぐるしく変わる独特な天候の中で、過ごし方も毎日異なりますが、その日ごとにそれぞれの歩く楽しみ方があります。どんな天候でも、とりあえずは森へ歩きに行ってみると、予想外に好天したり、思いがけない動植物との出会いがあります。
2.jpg
3.jpg
カラファテ
4.jpg
サルオガセ
5.jpg

関連ページ

マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...
フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』... フィッツロイ山麓のエルチャルテン発着:カグリエロ氷河トレッキング かつてパタゴニアを覆っていた氷河も、今は縮小する時代です。氷で覆われた原初のパタゴニアを体験するには、南部氷原から流れ出る氷河上を歩く「氷河トレッキング」がお勧めです。 ペリトモレノ氷河の「アイス・トレック」は、氷河の一番迫力...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...
パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)... 原生林のコンドル・ロッジ宿泊 パタゴニアの名峰フィッツロイ山麓エル・チャルテン村から車で約40分ほど、南極ブナの原生林にあるコンドル・ロッジは、パタゴニアの原始の自然を堪能するには最適な場所です。 わずか10人ほどが宿泊できるコンドル・ロッジの周囲には、半径5キロほどは無人です。美しいコ...
パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

パタゴニア

関連記事

  1. アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは

    2015.02.23
  2. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  3. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
  4. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  5. 2011パタゴニア旅行 ⑨セロトーレ

    2012.03.04
  6. マテ茶の飲み方

    2010.03.15
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP