Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング


3月下旬のパタゴニア。

だいぶツーリストが減り、トレイルも空いてきています。
フィッツロイBCに2連泊するトレッキングに同行しました。

降雪を伴う悪天の後には、スカッとパタゴニアらしい青空が広がります。

こうして、少しずつパタゴニアは秋を深めています。


関連ページ

静けさに包まれる、秋のフィッツロイ山麓と紅葉②... 秋のフィッツロイ山麓は、とても静かだ。 風の音だけを聞きながら、フィッツロイを望めたなら、この上ない幸せだ。 紅葉の主役である南極ブナは、環境に応じて姿を変える。 ハイマツのように背の低いのもあれば、森を形成する大木もある。 ...
パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影... アルゼンチン・パタゴニア、フィッツロイ山麓のベースキャンプで星空を撮影する。 フィッツロイ峰と星空を撮影するのは、簡単なことではない。 天候の変化が激しいパタゴニアで、晴天で尚かつ漆黒の星空を撮ることができるタイミングには、そうそう恵まれないからだ。 1泊・2泊だけのテント泊では...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地... “嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。 フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。 秋のある日、...

ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」

パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  2. マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

    2015.05.18
  3. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  4. 果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

    2014.09.12
  5. オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

    2017.12.28
  6. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP