Loading

PHOTO-BLOG

モニュメントバレーの刻々と変化する色彩

1.jpg
2.jpg
モニュメントバレーの砂漠を望む高台のホテル、ザ・ビューの別館のキャビンに泊まる。
夕刻に到着したので、テーブルマウンテンの影が徐々に長く東側に伸びていた。
ホテル本館のレストランで夕食を摂りながら、夕焼けにゆっくりと紅く染まっていく山を望む。刻々と色彩の変化するモニュメントバレーの美しさに惹かれて、夕食も食べ終わる前に、レストランのベランダに移動して、じっくりと写真を撮りながら見つめていた。
真っ暗になると天候は一気に悪化して、空は雲に覆われて、嵐のような強風が吹く。
深夜2時ころ、キャビンから出ると、空は快晴で満天の星空が広がっていた。
三脚を持って外に出て、星空撮影をしながら、明け方まで空を見上げていた。
東の空が明るくなり始めると、今度は美しい夜明けが待っている。
地平線から上がる太陽と、徐々に浮かび上がる砂漠の色彩を楽しむ。
少し急いで朝食を食べると、そのままハイキングに出発。
一般的には、2時間ほどの観光ツアーに参加するが、歩くことが好きであれば、ハイキングの方が充実すると思う。ほぼ無人の砂漠の中を、モニュメントバレーを独り占めして歩けるからだ。
こうして、モニュメントバレーの自然にどっぷりと浸かる一日を過ごすと、思い残すことなく後にすることができる。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg

関連ページ

グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ... グランドキャニオンの核心部・コロラド川を往復する3日間のテント泊トレッキングは、12億年の地球の歴史を垣間見る旅となります。 標高2,200mのサウスリムから、標高750mのファントム・ランチへ。標高差1,450mを一日で一気に下ります。 サウスリムに広がる松の林では、4月はまだ日陰に残...
アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート... 正午の陽光がまっすぐと洞窟に降り注ぐ時、ほんのわずかな時間だけ、アンテロープキャニオンに光芒が差し込む オレンジ色の砂岩の洞窟はぼんやりと橙色に染まり、天から差し込む光芒はまさに鋭く一筋 幻想的な光線の持続時間は思いのほか短く、太陽の角度により光芒の場所も変化します 手に取れるような光の帯...
グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ... グランドキャニオンの谷底、コロラド川の渓谷に流れる時間は独特です。 数百メートルの絶壁の渓谷に差し込む光線は、この世ならぬ美しさを演出します。細かい粒子の砂浜に座り込み、静寂に川の音だけが聞こえる。 ひとたび川を背にすると、トレイルは一気に登りとなります。地層が花崗岩から何種類もの堆積岩...
グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁... 朝一番の光が谷に射しこむと、サウスリムの岸壁がオレンジ色に輝く 昨夜の雨は、上のサウスリムでは雪だったようで、岸壁の上部に雪が張り付いてる。 陽光が谷の中に到達するのは、夜明けの2時間くらい後だろうか。かつて先住民が住んでいた小さなオアシスを後にして、一番上のサウスリムへ登る。何度もグラ...

フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート

パタゴニア

関連記事

  1. アラスカの原野を歩く「キャンプ・デナリ&カリブー・ロッジ」ツアー報告

    2017.08.28
  2. グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ

    2015.04.29
  3. グランドキャニオン・トレッキング⑤:植生と気候帯の驚異

    2015.05.03
  4. グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ

    2015.04.30
  5. アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート

    2015.04.28
  6. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP