Loading

PHOTO-BLOG

モニュメントバレーの刻々と変化する色彩

1.jpg
2.jpg
モニュメントバレーの砂漠を望む高台のホテル、ザ・ビューの別館のキャビンに泊まる。
夕刻に到着したので、テーブルマウンテンの影が徐々に長く東側に伸びていた。
ホテル本館のレストランで夕食を摂りながら、夕焼けにゆっくりと紅く染まっていく山を望む。刻々と色彩の変化するモニュメントバレーの美しさに惹かれて、夕食も食べ終わる前に、レストランのベランダに移動して、じっくりと写真を撮りながら見つめていた。
真っ暗になると天候は一気に悪化して、空は雲に覆われて、嵐のような強風が吹く。
深夜2時ころ、キャビンから出ると、空は快晴で満天の星空が広がっていた。
三脚を持って外に出て、星空撮影をしながら、明け方まで空を見上げていた。
東の空が明るくなり始めると、今度は美しい夜明けが待っている。
地平線から上がる太陽と、徐々に浮かび上がる砂漠の色彩を楽しむ。
少し急いで朝食を食べると、そのままハイキングに出発。
一般的には、2時間ほどの観光ツアーに参加するが、歩くことが好きであれば、ハイキングの方が充実すると思う。ほぼ無人の砂漠の中を、モニュメントバレーを独り占めして歩けるからだ。
こうして、モニュメントバレーの自然にどっぷりと浸かる一日を過ごすと、思い残すことなく後にすることができる。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg

フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート

関連記事

  1. アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート

    2015.04.28
  2. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  3. グランドキャニオン・トレッキング⑤:植生と気候帯の驚異

    2015.05.03
  4. グランドキャニオン・トレッキング③:プラトー・ポイント

    2015.05.01
  5. グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ

    2015.04.30
  6. キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

    2018.03.10
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP