Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

2.jpg
3月下旬のパタゴニア。正確には、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村では、3月下旬から徐々に南極ブナの木々が色づきます。
パタゴニアでは3種類の南極ブナが生息します。常緑のギンドは緑ですが、レンガとニレの2種類は秋に赤く色づきます。
3月下旬は少しづつ色づき始めています。紅葉のピークはおそらく10~15日後くらいではと思っています。
定点観測をしながら、紅葉の色づきを時々ご案内します。
4.jpg
1.jpg
12.jpg
チャルテン
8.jpg
チャルテンは、湿度のあるチリ側と乾燥したアルゼンチン側の境目にあります。その両方の自然を体験できます。
10.jpg

関連ページ

日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③... 日本の食糧の安定確保のため、またチリへの技術協力として行われた壮大な計画が、サケ・マス“移植”事業でした。 日本によるチリへの移植事業(JICA)の試みは、1974年に始まります。中部パタゴニア・アイセン州のコジャイケに「シライシ孵化場」が建設され、シロサケとサクラマスの卵が日本から持ち込まれ...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
「ブッチ・キャシディ」の行方:パタゴニアの草原に消えたアメリカの大強盗... ブッチ・キャシディの指名手配の記事を見たのは、国道40号線のラ・レオナ牧場であった。この牧場は、国道にカフェを出していて、そこの壁に記事のコピーが貼られていたのだ。ラ・レオナ牧場は、パタゴニアにある。  かつてのパタゴニアは、流浪者の辿り着く僻地であった。詐欺師上がりの王様から、氷河に飲み込ま...
パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」... 5星の旅:アドベンチャー・クルーズと、ウシュアイア ビーグル水道を中心に、地の果てホーン岬までクルーズする「アウストラリス号」のシーズンも、早くも残りたった4ヶ月です。4月のシーズン・オフを前に、アウストラリス号とウシュアイア観光をセットにした特別企画を、「ウシュアイア発着」のパック料金でご案...
パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①... カラファテとチャルテンの中間に位置する「レオナ牧場」は、その地の利を活かし休憩所として大繁盛している。 国道40号線沿いの好立地を所有するレオナ牧場には、そう簡単に競争相手が現れないので、まだまだしばらく安泰だろう。 休憩所としてのイメージが大きいが、レオナ牧場はホテルでもある。 レオナ牧...
マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。 大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。 フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。 強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹い...

パタゴニアの羊の丸焼き:カラファテのアサード

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. <動画>パタゴニア南部氷原フィッツロイ一周トレッキング

    2016.08.09
  2. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  3. パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

    2015.08.19
  4. 世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

    2012.07.30
  5. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  6. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP