Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

2.jpg
3月下旬のパタゴニア。正確には、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村では、3月下旬から徐々に南極ブナの木々が色づきます。
パタゴニアでは3種類の南極ブナが生息します。常緑のギンドは緑ですが、レンガとニレの2種類は秋に赤く色づきます。
3月下旬は少しづつ色づき始めています。紅葉のピークはおそらく10~15日後くらいではと思っています。
定点観測をしながら、紅葉の色づきを時々ご案内します。
4.jpg
1.jpg
12.jpg
チャルテン
8.jpg
チャルテンは、湿度のあるチリ側と乾燥したアルゼンチン側の境目にあります。その両方の自然を体験できます。
10.jpg

関連ページ

レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」... パタゴニアで愛される植物:メギ科の「カラファテ」 パタゴニアの「カラファテ」は、春と秋を象徴するメギ科の植物です。 パタゴニアだけに自生することから、パタゴニアを象徴するシンボルとして愛されています。 春は黄色い花が草原を埋め尽くし、秋はブルーベリーのような実を実らせます。 この小灌...
地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代... パタゴニア・フィッツロイ山麓のエルチャルテン村の空港建設計画 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にある小さな村・チャルテンは、建設されてまだ約30年ほどのとても若い村です。 かつては、チリ国境の安全保障の問題から建設された村ですが、いまではフィッツロイ山群に訪れる多くのトレッカーの基点とな...

パタゴニアの羊の丸焼き:カラファテのアサード

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

関連記事

  1. パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)

    2018.06.19
  2. パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

    2015.08.24
  3. パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

    2014.08.26
  4. フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)

    2016.08.21
  5. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

    2015.10.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP