Loading

PHOTO-BLOG

旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

sasa.JPG
パタゴニアの大きな自然と、そこの歴史、そこに生きる小さな人間達のおかしな話。なんとも大きくてレンズ雲のように捉えようのない、不思議なパタゴニアの魅力を感じるのにお勧めの本は、『パタゴニア』(ブルース・チャトウィン著)です。
旅をしながら読むのにも最適ですし、パタゴニアをイメージするにも最高の本です。アウトドアというよりは、旅行伝記(トラベローグ)という類の本です。
徹底的に何もない草原が続き、氷河やアンデスの針峰群が美しい、そのパタゴニアの自然を感じていただける方が一人でも増えればと思っています。
11月~3月、パタゴニアのベスト・シーズンです。
20120127_c34bb8.jpg

関連ページ

日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③... 日本の食糧の安定確保のため、またチリへの技術協力として行われた壮大な計画が、サケ・マス“移植”事業でした。 日本によるチリへの移植事業(JICA)の試みは、1974年に始まります。中部パタゴニア・アイセン州のコジャイケに「シライシ孵化場」が建設され、シロサケとサクラマスの卵が日本から持ち込まれ...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進... アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。 温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。 氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込む...
フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア... フィッツロイを取り巻く雲が一度山頂に張り付けば、なかなか剥がれないものだ。 そんな時には、ほんの一瞬でも山頂が顔を出したなら運が良いだろう。 たとえチャルテンで晴れていても、フィッツロイやセロトーレの山頂の天候とは異なるので、一瞬を待ってじっくりと望める時間が欲しいものだ ...
劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...

【メキシコ・オアハカ】「クリスマス留学」特別スペイン語コースのご案内

【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

    2015.02.19
  2. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  3. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  4. ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

    2014.07.17
  5. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  6. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP