Loading

PHOTO-BLOG

旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

sasa.JPG
パタゴニアの大きな自然と、そこの歴史、そこに生きる小さな人間達のおかしな話。なんとも大きくてレンズ雲のように捉えようのない、不思議なパタゴニアの魅力を感じるのにお勧めの本は、『パタゴニア』(ブルース・チャトウィン著)です。
旅をしながら読むのにも最適ですし、パタゴニアをイメージするにも最高の本です。アウトドアというよりは、旅行伝記(トラベローグ)という類の本です。
徹底的に何もない草原が続き、氷河やアンデスの針峰群が美しい、そのパタゴニアの自然を感じていただける方が一人でも増えればと思っています。
11月~3月、パタゴニアのベスト・シーズンです。
20120127_c34bb8.jpg

関連ページ

パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”... 春から夏にかけて、森の外れの陽当たりの良い場所や、草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 キンチャクソウの一種「サパティート・デ・ラ・ビルヘン」は、パタゴニアでは誰もが知る花だろう。直訳すると、“聖母マリアの小さな靴”という意味だ。 群落を形成するわけではなく、ひっそりと咲いているので、見...
姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア... トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。 この環境の変化に応...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間... フラットボタン-yellow 日本の春の季語「サクラ」は今では国際的にも認知される呼び名です。古来から日本人の心象風景に桜は溶け込み、春の到来を告げる大切な指標となりました。桜の花は春そのものというほどの存在でしょう。 本日はまだ五分咲きながら、中目黒に行き、桜を鑑賞して写真撮影して...
世界一美味しい羊肉:パタゴニアの「アサード」とアルゼンチン料理... 羊の国「パタゴニア」 アルゼンチン・チリ両国に広がるパタゴニアの大草原には、人よりも多くの羊がいます。 わずか百数十年で激増した羊は、パタゴニアに生えるコイロン草を好物とします。そして良質な羊毛を産出することから、20世紀初頭に牧羊が爆発的に発展しました。 このコイロン草を食べる羊は、...

【メキシコ・オアハカ】「クリスマス留学」特別スペイン語コースのご案内

【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  2. 春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

    2015.09.08
  3. パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由

    2017.05.17
  4. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  5. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  6. パタゴニアをもっと深く旅するために

    2013.01.25
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP