Loading

PHOTO-BLOG

「ブッチ・キャシディ」の行方:パタゴニアの草原に消えたアメリカの大強盗

091119_patagonia_1282.JPG
ブッチ・キャシディの指名手配の記事を見たのは、国道40号線のラ・レオナ牧場であった。この牧場は、国道にカフェを出していて、そこの壁に記事のコピーが貼られていたのだ。ラ・レオナ牧場は、パタゴニアにある。
 かつてのパタゴニアは、流浪者の辿り着く僻地であった。詐欺師上がりの王様から、氷河に飲み込まれた牧場の主の話まで、魅力的な話がたくさんある。
ブッチ・キャシディは、そんな流れ者の一人だ。約100年前、アメリカで大暴れしたアメリカ一のならず者である。サンダンス・キッドとともに列車強盗を繰り返し、突然と姿を消した。


 その2人が、パタゴニアに現れる。丸太小屋に暮らしていたらしいが、また強盗をやらかし姿を消す。ピンカートン探偵事務所のファイルでは、彼は3回死んだことになっている。最後は、ボリビアで銃撃戦の末に死んだという話もあれば、故郷で父とブルーベリーパイを食べたという話もある。
 あのとき記事を写真に収めて、僕は建物を出てしまったが、今度行く時には少し話を聞いてみようと思う。
「ただ、無法者の歴史をひもといてみようとお考えの方には、一言警告しておかねばならない。無法者というのは十の偽名をもち、十の別の場所で死ぬことができる連中だ、と。」(ブルース・チャトウィン「パタゴニア ふたたび」)
091119_patagonia_1639.JPG
091119_patagonia_233.JPG

マテ茶の飲み方

関連記事

  1. 果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

    2014.09.12
  2. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  3. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
  4. パタゴニア氷河クルーズ:お勧めのツアー7選

    2019.08.09
  5. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  6. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
パタゴニア
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP