Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

1.jpg
ノルテ水道を北上すると、ピラミダルな山容のノルテ峰が見えてくる。
ノルテ峰の山麓の氷河谷が「クリスティーナ牧場」だ。
牧場の敷地は広大で、ウプサラ氷河を望める唯一の展望台もまた、クリスティーナ牧場の敷地にある。
静かな湾の奥に進むと氷塊の数は減り、ノルテ峰の懐に抱かれるようにクリスティーナ牧場が近づいてきた。
大陸氷床から吹き下りてくる風がとても冷たい。
ウプサラ氷河とその源流の大陸氷床に接するアンデス山脈の裾野は、人が生息できる限界のような環境だ。
ここでは人の生活もまた氷に支配されている。
開拓からまだ100年しか経っていないフロンティアは、静かにとても厳しい場所なのだ。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード... パタゴニア特産の羊 パタゴニアでは針峰群と氷河、草原しかイメージされませんが、実は「食」でも世界で唯一の素材を持っています。 それは「羊の焼肉(アサード)」です。グルメを自負する何人ものお客をご案内して、必ず絶賛する「美食」です。 アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく...
チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖... 南部パタゴニアの基点となるカラファテから北へ約3.5時間。 チャルテン村はフィッツロイ峰の山麓の小さな村です。 ここより北の地域は、まだまだツーリストには未開発の地域です。 チャルテン村から片道5時間の悪路を通り、美しい氷河湖・サンマルティンの畔、コンドル牧場(エスタンシア・コンド...
パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在... パタゴニア大陸氷床(南部氷原)から吹き降ろす風は、時に信じがたいほどの強さで吹きます。そのような風が吹く谷には、写真のような木を目にすることでしょう。 常に同じ方向から風が吹くので、このような形になってしまったのです。 この木は、エスタンシア(大牧場)の防風林ですので、その役目を十分に果たし...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...
アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭... アルゼンチンのシンボルともいえる大草原パンパは、日本では「母をたずねて三千里」で有名です。 大草原パンパと草原を駆けるガウチョは、アルゼンチンの根っこであり、国のアイデンティティです。 あまりにも広大なアルゼンチンの国土に広がる草原で、普段の牧童ガウチョは孤独に自然と対峙しています。...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

パタゴニア

関連記事

  1. マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

    2015.05.22
  2. フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

    2015.05.28
  3. パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ

    2017.07.03
  4. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  5. パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由

    2017.05.17
  6. オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日

    2018.06.17
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP