Loading

PHOTO-BLOG

クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

1.jpg
クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。
ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。
宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室となる。
キャビン周辺の大草原と、ノルテ峰までのはるかな氷河谷、そしてウプサラ氷河の展望台まで、広大な敷地が6部屋の宿泊者のためにあると考えれば、その贅沢さが分かるだろう。
宿泊料金はパタゴニアで最も高額だが、最も人気のあるエスタンシアでもあるのだ。
航路以外にアクセスが無い奥地で、人工物も最小限に抑えることで、開拓時代のパタゴニアの雰囲気にどっぷりと浸かれるように細かく配慮されている。
スタッフはさりげなく宿泊者とは距離を遠くしているが、サービスはとてもきめ細かい。
とにかく静かに、風の音と、手つかずのパタゴニアの景色に浸かれることが、クリスティーナ牧場のコンセプトだと思う。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
パタゴニアの大草原で過ごす「牧場ホテル」エスタンシア滞在... パタゴニアの大草原パンパの少人数限定の宿、牧場ホテル(エスタンシア) パタゴニアの果てしない草原パンパとアンデスの山並みは、実はほとんどが私有地として所有されています。 パタゴニアの大草原パンパに点在するこれらの牧場・エスタンシアの少人数限定の宿、牧場ホテル(エスタンシア)は、パタゴニアの自...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて... ノルテ水道を北上すると、ピラミダルな山容のノルテ峰が見えてくる。 ノルテ峰の山麓の氷河谷が「クリスティーナ牧場」だ。 牧場の敷地は広大で、ウプサラ氷河を望める唯一の展望台もまた、クリスティーナ牧場の敷地にある。 静かな湾の奥に進むと氷塊の数は減り、ノルテ峰の懐に抱かれるようにクリスティーナ...
パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード... パタゴニア特産の羊 パタゴニアでは針峰群と氷河、草原しかイメージされませんが、実は「食」でも世界で唯一の素材を持っています。 それは「羊の焼肉(アサード)」です。グルメを自負する何人ものお客をご案内して、必ず絶賛する「美食」です。 アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

関連記事

  1. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  2. フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

    2014.04.04
  3. 氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

    2015.05.25
  4. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  5. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
  6. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP