Loading

PHOTO-BLOG

クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

1.jpg
クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。
ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。
宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室となる。
キャビン周辺の大草原と、ノルテ峰までのはるかな氷河谷、そしてウプサラ氷河の展望台まで、広大な敷地が6部屋の宿泊者のためにあると考えれば、その贅沢さが分かるだろう。
宿泊料金はパタゴニアで最も高額だが、最も人気のあるエスタンシアでもあるのだ。
航路以外にアクセスが無い奥地で、人工物も最小限に抑えることで、開拓時代のパタゴニアの雰囲気にどっぷりと浸かれるように細かく配慮されている。
スタッフはさりげなく宿泊者とは距離を遠くしているが、サービスはとてもきめ細かい。
とにかく静かに、風の音と、手つかずのパタゴニアの景色に浸かれることが、クリスティーナ牧場のコンセプトだと思う。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ... 2月上旬のパタゴニアでは、太陽は22:00頃過ぎにやっと沈み、しっかりと暗くなるのは0時を過ぎてからです。 短い夏を惜しむかのように、各地でお祭りが開催されます。 カラファテで見学したお祭りは、ヒネティアーダというガウチョの騎馬祭です。騎手はポンチョや民族衣装に身を包み、お祭りの競技では女の...
パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊... 世界で一番美味しいとも言える、パタゴニアの羊は、アルゼンチン流のBBQ“アサード(パリーシャ)”で食べたいところです。 アルゼンチンの食の代名詞ともいえる“羊のアサード(パリーシャ)”が、最近ではチリ側でも食べられるようになりました。 密かに確実に、パタゴニアの羊は注目されているので...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる... 広大な草原を、どこまでも歩く。視界の大部分を占める大空。 そんな体験は、アルゼンチン・パタゴニアの『エスタンシア(牧場)』に宿泊することの特典の一つと言えるでしょう。 草原をどこまで歩いても誰も干渉しないし、もちろん戻って来れる。何でもない体験のようですが、いつまでも忘れない不思議な思い出に...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

パタゴニア

関連記事

  1. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  2. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  3. パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊

    2016.03.10
  4. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  5. パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」

    2015.09.19
  6. 探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

    2015.05.11
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP