Loading

PHOTO-BLOG

クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

1.jpg
クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。
ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。
宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室となる。
キャビン周辺の大草原と、ノルテ峰までのはるかな氷河谷、そしてウプサラ氷河の展望台まで、広大な敷地が6部屋の宿泊者のためにあると考えれば、その贅沢さが分かるだろう。
宿泊料金はパタゴニアで最も高額だが、最も人気のあるエスタンシアでもあるのだ。
航路以外にアクセスが無い奥地で、人工物も最小限に抑えることで、開拓時代のパタゴニアの雰囲気にどっぷりと浸かれるように細かく配慮されている。
スタッフはさりげなく宿泊者とは距離を遠くしているが、サービスはとてもきめ細かい。
とにかく静かに、風の音と、手つかずのパタゴニアの景色に浸かれることが、クリスティーナ牧場のコンセプトだと思う。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...
レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在... クリスティーナ牧場は、広大な敷地の中にたった3棟だけのキャビンを持っている。 1棟に2部屋あるので、全部で6部屋しかない。 宿泊者は最大でも12~16名しか泊まれないのだ。 夏のハイシーズンには、満室の日が多いのは当然といえば当然だろう。 ウプサラ氷河を陸地から展望できるのは、牧場の敷地...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー... カラファテは、アルゼンチン・パタゴニアにおける観光の要衝として発展を続けています。 ペリトモレノ氷河の観光やハイキングを始め、フィッツロイ山麓のチャルテン村への基点ともなります。 アウトドア・スポーツのツアーも増える中で、メジャーなツアーとして認知されてきているのが、「ウプサラ氷河」のカヤッ...
パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情... ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。 広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。 しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。 パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見え...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  2. いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

    2014.04.17
  3. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  4. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  5. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
  6. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP