Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア

1.jpg
ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。
花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。
草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。
谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。
“ITALIAN EXPEDITION”と書かれている。
ガイドの説明では、これは80年ほど前に、この谷の氷河を調査していたイタリア隊によるものだという。
今では月面のように何も無い谷からは想像し難いのだが、確かに80年前まで、この谷には氷河があったのだ。
氷河谷を抜けると、眼下にクリスティーナ牧場の草原が見えてきた。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...
山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④... ヘルシンガー牧場の背後に聳える“ウエムル峰”の懐深くに、美しい山上の湖がある。 「ラグーナ・アスール (Laguna Azul)」は、日本語に訳すと“青い湖”という意味だ。 ウエムル峰はヘルシンガー牧場の敷地内にあるため、この湖に行けるのは宿泊者のみの特権だ。 スケールの大きな話だが、パタ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在... 静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。 最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。 テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。 賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

    2015.09.21
  2. パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

    2014.05.02
  3. 2011パタゴニア旅行 ②クリスティーナ牧場

    2012.01.15
  4. パタゴニア-マゼラン海峡の最果ての町、プンタアレナス

    2016.04.10
  5. フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)

    2016.08.21
  6. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP