Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア

1.jpg
ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。
花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。
草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。
谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。
“ITALIAN EXPEDITION”と書かれている。
ガイドの説明では、これは80年ほど前に、この谷の氷河を調査していたイタリア隊によるものだという。
今では月面のように何も無い谷からは想像し難いのだが、確かに80年前まで、この谷には氷河があったのだ。
氷河谷を抜けると、眼下にクリスティーナ牧場の草原が見えてきた。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...
アルゼンチン伝統料理:牛肉のアサードと大草原パンパ... アルゼンチン伝統料理「アサード」とは アサードは、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの国民的な伝統料理です。スペイン語で「焼かれたもの」を意味して、無骨な鉄網か焚火で焼きます。どちらも共通していることは、熾火のように弱い火で遠赤外線で長時間かけて焼く点が、ブラジルのシュラスコ(シュハスコ)と...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進... アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。 温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。 氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込む...
暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②... ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。 西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。 その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。 氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。 ヘルシンガー牧場の...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  2. パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影

    2016.04.24
  3. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
  4. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
  5. フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング

    2014.11.26
  6. レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

    2015.10.22
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP