Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア

1.jpg
ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。
花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。
草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。
谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。
“ITALIAN EXPEDITION”と書かれている。
ガイドの説明では、これは80年ほど前に、この谷の氷河を調査していたイタリア隊によるものだという。
今では月面のように何も無い谷からは想像し難いのだが、確かに80年前まで、この谷には氷河があったのだ。
氷河谷を抜けると、眼下にクリスティーナ牧場の草原が見えてきた。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①... 観光牧場として宿泊やアクティビティを提供するエスタンシア(牧場)は、アルゼンチン・パタゴニアのカラファテとウシュアイア周辺にいくつかある。 フィッツロイの近くなら、ヘルシンガー牧場が好きだ。 ここの牧場の奥には、宝石のように美しい山上の湖があるからだ。 そして、ビエドマ湖南岸から、湖越しにフィッツ...
北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進... アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。 温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。 氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込む...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

    2016.08.24
  2. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  3. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  4. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  5. ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

    2015.04.19
  6. パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

    2015.06.05
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP