Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

1.jpg
2.jpg
ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。
風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。
ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。
たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われていた。
そのことを俄かには信じられないほどに、氷河の末端部が後退していることが分かる。
氷河が去ってから間もないことを示すように、植物は周囲にはなく、ただ荒涼とした岩稜が広がる。
3.jpg
ウプサラ氷河
5.jpg
4.jpg

関連ページ

アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭... アルゼンチンのシンボルともいえる大草原パンパは、日本では「母をたずねて三千里」で有名です。 大草原パンパと草原を駆けるガウチョは、アルゼンチンの根っこであり、国のアイデンティティです。 あまりにも広大なアルゼンチンの国土に広がる草原で、普段の牧童ガウチョは孤独に自然と対峙しています。...
中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ... 「手の洞窟」から望むセロ・カスティージョには、先住民の視点を仮想する物語性があった。 セロは「峰」、カスティージョは「城」を意味するスペイン語だ。 中部パタゴニアも、アンデス山脈を境に太平洋側は降水量が多いので、セロ・カスティージョのすぐ南には、パタゴニア北部氷床が形成された。 フィッ...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...
パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊... 世界で一番美味しいとも言える、パタゴニアの羊は、アルゼンチン流のBBQ“アサード(パリーシャ)”で食べたいところです。 アルゼンチンの食の代名詞ともいえる“羊のアサード(パリーシャ)”が、最近ではチリ側でも食べられるようになりました。 密かに確実に、パタゴニアの羊は注目されているので...
レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)... スペイン伝来の伝統料理:エンパナーダ スペイン伝来の「エンパナーダ」は、南米各国で愛されているミートパイです。屋台でも買えるし、一流レストランでは前菜で出されたりと、南米ではなくてはならない存在でしょう。 このパイは屋台などの安いものは油で揚げているので、胃にもたれることがあります。やは...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア

関連記事

  1. 180°SOUTH

    2011.01.09
  2. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
  3. 2011パタゴニア旅行 ⑥ヘルシンガー牧場(その二)

    2012.02.12
  4. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
  5. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
  6. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP