Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

1.jpg
2.jpg
ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。
風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。
ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。
たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われていた。
そのことを俄かには信じられないほどに、氷河の末端部が後退していることが分かる。
氷河が去ってから間もないことを示すように、植物は周囲にはなく、ただ荒涼とした岩稜が広がる。
3.jpg
ウプサラ氷河
5.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...
ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議... 温暖化で後退する氷河は世界共通の問題です。 ヒマラヤでは、多くの氷河湖が決壊の危機に瀕している。それは下流に住む多くの住民の命に関わる問題です。 近くのウプサラ氷河は、過去100年で20キロも後退している。温暖化を象徴する氷河として、映画「不都合な真実」でも取り上げられました。 しかし、ペ...
パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤... ラグーナ・アスールを目指して、ウエムル峰の谷を詰めていく。 湖は驚くほどに青い。 氷河湖といえば、ミルク色のグレイシャー・ブルーが定番であるが、氷河湖ごとに青は青でも色が異なる。 ラグーナ・アスールの青は、とても透明で原色に近い「青」だ。 この湖と氷河と岩峰が私有地であるとは、日本の常識...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
  2. 【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

    2018.05.06
  3. パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

    2015.08.24
  4. パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

    2014.05.19
  5. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
  6. パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

    2015.08.19
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP