Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

1.jpg
ウプサラ氷河の展望台は、クリスティーナ牧場の裏山にある。
往路は車で行き、復路はトレイルを歩いて下りるのがお勧めだ。
車で20分ほど斜面を登ると、すぐに樹林帯を抜けて岩盤がむき出しの荒涼とした風景に変わる。
地球の歴史のスパンで考えれば、ついさっきまで、ここは氷河に覆われていたのだ。
展望台の丘の近くで車を降りて、最後は歩いて登る。
途中に一軒の避難小屋がある。
80年ほど前は、この避難小屋の周りも氷河に覆われていた。その氷河調査のために使われていたのだ。今は避難小屋の周囲には全く氷河はなく、岩がむき出しの谷が広がるだけだ。
ウプサラ氷河の後退は、パタゴニアでも特に早いことで有名だ。
避難小屋の中には、当時のウプサラ氷河を撮影した貴重な写真が置かれている。
1931年と2006年の比較写真は、特に衝撃を受けるだろう。
避難小屋を出て、最後の岩の斜面を登って行くと、徐々にウプサラ氷河が見えてきた。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在... 静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。 最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。 テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。 賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテ...
パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ... パタゴニアの大草原・パンパ パタゴニアの東半分に広がる大草原・パンパにいると、あまりにも大きな空はまるで世界を覆っていることに気付く。 都市部や山岳地帯とも異なり、パタゴニアの草原は地平線のどこまでも続き、空はのしかかるように広い。 その大草原の広さは、約20年以上も前に長距離バスで、...
パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...

クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

    2015.10.19
  2. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  3. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
  4. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  5. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  6. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP