Loading

PHOTO-BLOG

暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

1.jpg
2.jpg
“風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。
春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。
晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。
100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。
森を歩けば、いたるところに倒木を見るだろう。
台風のような強風の吹き荒れた日、南極ブナに大きく縦のヒビが入り、傾くのを見たことがある。
過酷な環境の中に順応した南極ブナは、風とうまく折り合いを付けて、生き残りの手段にも利用しているのだ。
3.jpg
4.jpg

関連ページ

クッションような灌木が花で覆われる:マタ... その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。 スペイン語で“灌木”という意味だ。 ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。 マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。 マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける...
パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景... ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋 パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。 森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。 パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。 秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガ...
パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ... 「カラファテの実を食べると、再びパタゴニアに戻って来る」と言われて、パタゴニアで最も愛されている植物は、メギ科のカラファテだ。 初夏の1月頃には、カラファテは実を付けて、晩夏に向けて少しずつ大きくなっていく。 3月は、カラファテの熟れる季節だ。 枝には鋭い棘が付いているので、収穫は気を使う...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング... 3月下旬のパタゴニア。 だいぶツーリストが減り、トレイルも空いてきています。 フィッツロイBCに2連泊するトレッキングに同行しました。 降雪を伴う悪天の後には、スカッとパタゴニアらしい青空が広がります。 こうして、少しずつパタゴニアは秋を深めています。 ...
パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密... 「インディオのパン」キッタリア パタゴニアの森を歩いていると、多くの木のコブを見るだろう。 この木のコブは、「インディオのパン」と呼ばれるキノコ“キッタリア”が原因だ。 南極ブナの枝や幹だけに寄生する。 キノコに寄生された枝や幹は、樹液の循環を阻害されることになる。 樹液の循環を取り戻...

パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

パタゴニアの3種類の南極ブナ①:落葉樹「レンガ」

関連記事

  1. パタゴニアの3種類の南極ブナ①:落葉樹「レンガ」

    2015.09.18
  2. パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲

    2015.05.08
  3. 中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

    2015.08.15
  4. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
  5. パタゴニアの民族史①

    2013.01.31
  6. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP