Loading

PHOTO-BLOG

暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

1.jpg
2.jpg
“風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。
春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。
晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。
100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。
森を歩けば、いたるところに倒木を見るだろう。
台風のような強風の吹き荒れた日、南極ブナに大きく縦のヒビが入り、傾くのを見たことがある。
過酷な環境の中に順応した南極ブナは、風とうまく折り合いを付けて、生き残りの手段にも利用しているのだ。
3.jpg
4.jpg

関連ページ

紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング... パタゴニア・フィッツロイ山麓が紅葉に染まる秋 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にて、紅葉に紅く染まるブッシュは、ほとんど全てが南極ブナです。 地形に合わせて、高さ20mの森を形成したり、風の強い場所ではハイマツのように小さく育つこともできます。 氷河が溶けた水は鉱物を含み濁っているもの...
紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)... 4月上旬から中旬にかけて、パタゴニアは南極ブナの紅葉の季節を迎える。 日に日に気温は下がり、雪もたびたび降るようになる。 降雪を繰り返すたびに、南極ブナも一段と紅くなっていく。 日本の紅葉と違い、南極ブナの紅葉はもっと時間をかけてじわじわ紅くなる。 夏に比べて寒さは厳しくな...
パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」... 南極ブナの森で、木々を覆っているコケは「サルオガセ」だ。 湿度の多い森ほどに、サルオガセの勢いは旺盛となる。 パタゴニアでは、Barbas de Viejo(バルバス・デ・ビエホ)と呼ばれる。“お爺さんのアゴヒゲ”という意味だ。 サルオガセは木を覆っているが、木から養分を吸ってはいない...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日... パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。 そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。 それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。 フィッツロイを望...
フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...

パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

パタゴニアの3種類の南極ブナ①:落葉樹「レンガ」

パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
  2. ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物

    2015.09.04
  3. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  4. パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

    2017.07.10
  5. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
  6. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP