Loading

PHOTO-BLOG

暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

1.jpg
2.jpg
“風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。
春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。
晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。
100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。
森を歩けば、いたるところに倒木を見るだろう。
台風のような強風の吹き荒れた日、南極ブナに大きく縦のヒビが入り、傾くのを見たことがある。
過酷な環境の中に順応した南極ブナは、風とうまく折り合いを付けて、生き残りの手段にも利用しているのだ。
3.jpg
4.jpg

関連ページ

紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)... 4月上旬から中旬にかけて、パタゴニアは南極ブナの紅葉の季節を迎える。 日に日に気温は下がり、雪もたびたび降るようになる。 降雪を繰り返すたびに、南極ブナも一段と紅くなっていく。 日本の紅葉と違い、南極ブナの紅葉はもっと時間をかけてじわじわ紅くなる。 夏に比べて寒さは厳しくな...
パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密... 「インディオのパン」キッタリア パタゴニアの森を歩いていると、多くの木のコブを見るだろう。 この木のコブは、「インディオのパン」と呼ばれるキノコ“キッタリア”が原因だ。 南極ブナの枝や幹だけに寄生する。 キノコに寄生された枝や幹は、樹液の循環を阻害されることになる。 樹液の循環を取り戻...
パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす... 紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。 最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。 たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。...
ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物... もう一つの赤い実といえば、ツツジ科のガンコウランの一種“ムルティージャ”だ。 チャウラよりも小粒の実は、地面に這うようにびっしりと赤黒く実っているので、とても目立つのだ。 この実は食べるのは可能だが、パタゴニアでは一般的には食べられていない。 森の外れの陽当たりの良い場所を好み、強風に適応...
パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」... 南極ブナの中で、厳しい環境に応じて姿を変えることができるのが、「ニレ」だ。 常に強風が吹くような場所では、地を這うように背を低くする。 日本の山におけるハイマツのような存在だ。 レンガと違い、冷涼な厳しい場所で小さなブッシュを形成する。 風に対する耐性が強く、レンガと違い、風で倒木するこ...
フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)... パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉 春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。 厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。 初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに...

パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

パタゴニアの3種類の南極ブナ①:落葉樹「レンガ」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.25
  2. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  3. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  4. パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

    2015.10.19
  5. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  6. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP