Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

亜南極の樹木「南極ブナ」

南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。

南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。
人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。

その厳しい環境に見事に適応したのが「南極ブナ」なのだろう。南部パタゴニアで最も繁栄している植物とも言える。
日本のブナと同じブナ目として近縁ではあるが、別系統の植物として葉や幹も日本で見るブナとは大きく異なる。かつて南極、ニュージーランド、オーストラリア、南米パタゴニアが地続きであった時代に、この南極ブナの起源がある。なぜ「南極ブナ」と呼ばれるかを理解できるだろう。その時代の南極は冷却されていなかったので森さえもあったのだ。
現在の南極には化石しかないが、ニュージーランド、オーストラリア、南米パタゴニアでは今も南極ブナが生えている。

「南極ブナ」の逞しさは、その順応力にある。地形的に風が吹き荒れる場所では、ハイマツのように大地に張り付き育つ。風が吹きにくい谷の底では、南極ブナは高さ20mほどの森となり身を寄せ合い、風から身を守る。
乾燥した場所には「落葉」の南極ブナが育ち、陽が陰りやすく湿地のような場所では「照葉」の南極ブナが育つ。環境に合わせて、姿も変えて適応する柔軟さが、南極ブナの強さなのだ。

原生林を歩いていると、強風に木々がきしむ音が聴こえてくる。パタゴニアで暴風が吹き荒れるとき、上空からはまるでジェット機が通過するときのような轟音が何時間も轟くことがある。このような日にキャンプでしていると、森に守られていることを実感するものだ。
この強風に絶えず打たれる南極ブナは、いずれは風に倒されて最後を迎える。約100年と言われる寿命は、風に倒されることを踏まえているのだ。

森の中を歩くと、地面がふかふかで弾力性もあることに驚く。風に倒された木は腐葉土となり、次の木の苗床となる。風による倒木は豊富な腐葉土を提供することであり、パタゴニアの森では「暴風」は既に生態の仕組みの中に織り込み済だ。

エルチャルテン村近郊のフィッツロイ山麓の森では、南極ブナの原生林が広がる。
岩峰群の見事な展望を楽しみながらも、南極ブナの森の静かな息遣いもしっかりと感じたいものだ。

関連ページ

関連ページ

フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-... ビエドマ氷河の氷穴にて。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。 氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。 パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る... 世界3番目の氷塊:パタゴニア南部氷原 パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷の塊だ。 南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われると、とてつもない巨大な氷の塊であることが分かるだろう。 幅30キロ、長さ300キロほどの細長い谷が、深さ1500mほども氷で埋め尽くされている。その巨大...

インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第8号:7月12日発行

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  2. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  3. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
  4. 2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

    2012.02.05
  5. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  6. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP