Loading

PHOTO-BLOG

インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

インカの段々畑「アンデネス」とは

アンデス山脈の遺跡の特長といえば、幾重にも連なる段々畑がすぐに思い出されるだろう。
この段々畑は、「アンデネス」と呼ばれる。

山の斜面を隅々まで使うかのように、インカ時代、そして前インカ時代の人々は、とてつもない執念でどこにでも畑を作ったのだ。

マチュピチュ遺跡を始め、インカトレイルの各遺跡、あるいはチチカカ湖など、この段々畑は南米の広大な面積に広がり、その多くが今も現役で使われている。南米のアンデス諸国に行けば、どこにでも目にする段々畑は、全て遺跡でもあるのだ。
畑を耕していたら、古代の遺物が掘り返されることは頻繁で、それらの意味は分からずに畑の石垣や階段に使われていたりする。古代遺跡と現代は溶けあうように繋がっていて、切り離すことはできない日常だが、その技術や意味は多くの人から既に失われたこともまた確かだ。

インカ文明の知恵の結晶

標高差で数百メートルに渡り、段々畑が上下に連なっている。この高低差は古代の人々の知恵でもある。一つの畑の面積は狭く維持管理に手間がかかるが、高低差による温度の違いを利用して様々な作物を栽培していた。

マチュピチュ遺跡を覆う段々畑(アンデネス)は、一番高い所では、マチュピチュのシンボルとして誰もが知る裏山・ワイナピチュ峰の山頂部まで続く。一番低い所は、まだジャングルに埋もれて発掘されていものの谷底まで続き、その標高差は約1500mに及ぶ。

一カ所に一つの作物を集約するのではなく、一カ所に様々な作物を収穫できるシステムにより、流通が途絶えても生き残ることができる。
この段々畑・アンデネスの構築により、アンデス山脈に隈なく、インカ系諸部族は拡散・発展をすることができた。
アンデスの古代文明の鍵は、段々畑・アンデネスにあるのだ。

関連ページ

ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ... インカトレイルとは ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。 南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠ってい...
マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場... 「失われた都市」マチュピチュ遺跡 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュ遺跡は、アンデス高原とアマゾンの中間に位置する。標高2400mの尾根に建設された遺跡は、山麓からは全く見えず、欧米の探検隊の侵入を阻んでいた。その隠された都市もかつては山麓から標高差約400mに渡り、高さ3mの段々畑が延々と...
マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』... 峻険な渓谷を見下ろす、天空の遺跡マチュピチュとは 峻険な岩山の尾根を覆うように建設されているマチュピチュ遺跡は、コンドルのように空から見なければ発見することができない、まさに“空中都市”です。 “空中都市”マチュピチュがハイラムビンガムに発見されたのは1911年でした。 その発端は、付...
ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡... ピューマの形を模したインカ帝国の都「クスコ」 ペルー・インカ帝国の都「クスコ」は、大地を司る聖なる動物・ピューマの形を模して建設されたと言われます。 インカの王様が住んだ帝国の首都として、南米中に広がるネットワークの中心がクスコであり、情報と物の全てがここに集まりました。 クスコはもと...

季刊・会報誌「ポコ・ア・ポコ」第7号の見出し

パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

関連記事

  1. ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」

    2016.05.21
  2. 《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

    2018.09.06
  3. 代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

    2016.03.08
  4. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  5. ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空

    2017.06.30
  6. ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ

    2013.06.26
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP