Loading

風景写真家・松井章のブログ

ボリビアの原風景:レンガの都市「ラパス」

レンガの都市:ラパス


都市にはそれぞれ個性があり、表情がある。
一つ一つの家をまるで細胞として見てみると、都市はまるで一つの生命体のようです。
もし仮に空から人の営みを見てみれば、目まぐるしく変わる都市は生き物そのものではないだろうか。

ボリビアのラパスは、標高3700mから4000mの間のすり鉢状の盆地にある大都市です。斜面を埋め尽くす家はほとんどレンガでできています。
そのために、都市全体が橙色に見えるほどです。

国際線でラパスに着陸するときに、機窓から町を見ると、ラパスの密集する家々と色に驚くのではと思います。
日本の都市にはまったく無い風景で、アンデスに来たという実感が湧くでしょう。

レンガの街並みは、乾燥したアンデス高原の自然にも合っていて、ボリビアの原風景ともいえる暖かい風景だと思います。

【動画】ボリビア絶景ガイド

ボリビア関連ページ

「ラパス」ブログ関連記事集

ボリビア・旅行ガイド

ボリビアの高原都市ラパスの絶景:聖峰イリマニの夕日

羊のアサード:世界の食通を魅了するパタゴニア伝統料理

関連記事

  1. 【グランドキャニオンで風景写真を撮る】キャンプで待つ悠久の風景

    2020.05.18
  2. 審査制フォト・ギャラリー「1x」選出作品:名峰フィッツロイ

    2022.06.14
  3. 【動画】サリーナス・グランデス塩湖:アルゼンチンの秘境・ウマワカ渓谷

    2019.06.29
  4. メルマガ3月号 (2024年)

    2024.03.19
  5. 《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

    2018.09.06
  6. ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」

    2017.11.28
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP