Loading

ボリビア旅行TOP:世界最高所の首都ラパス、アマゾン

ラパス


ボリビアの首都ラパスは、標高3600mに位置する世界最高所の首都です。独特の形状に窪んだすり鉢状の底にラパスはあります。すり鉢の外側は、標高4000mのアンデスの高原アルティプラーノが南はチリ国境のアタカマ高地まで広がります。
ウユニ塩湖を始め、チチカカ湖や山岳トレッキングの名所・コンドリリ峰やワイナポトシ峰、そしてボリビア・アマゾンへの基点として、ラパスに立ち寄ることになるでしょう。
ラパスに就航する航空便は少なく、スケジュール変更も多いので、ラパス乗り継ぎの際には、どれだけ余裕を持つかも重要になってきます。

民族色あふれるアンデスの高原都市

カラフルな民族衣装をまとう人々

ラパスには、ボリビア中から民族衣装をまとう先住民アイマラ族が集まります。アンデスの高原に独特の色使いの服をまとう人々を見るのも楽しいです。宿泊は、旧市街のホテル泊がおすすめです。

半日ラパス市内観光

ラパス中心部をガイド(英語)とともに歩きます。旧市街の繁華街サガルナガ通りを歩き、ゴンドラに乗りラパス市街を展望、そして「月の谷」へご案内します。夕食はオプショナルで、弊社お勧めのレストランで、フォルクローレ(民族音楽)ディナーショーも手配可能です。

ティワナコ遺跡

前インカ時代のティワナコ文明の遺跡です。ラパスから車で1時間ほどで行けるこの遺跡は、インカ文明の原点ともいえる、ボリビアにとって重要な遺跡です。インカに通じる精巧な石組みや石造が見物です

霊峰イリマニを背後に控える、ラパス独特の展望

イリマニは日本でいえば富士山のような存在です。
ラパスの魅力は、民族色の豊かな町並みだけではなく、その独特な展望にあります。
様々な角度で望む、ラパスの街角とイリマニ峰の展望が織りなす絶景を探してみましょう

夕焼けの絶景

ラパス市街を望む展望台で日没をじっくりと待つのもお勧めです。運が良ければ、素晴らしい夕焼けに出会えるでしょう。ラパスの町全体が橙色に染まるような夕焼けです。

夕焼け後の夜景

夕焼けの後は、徐々に空は暗くなりますが、街のネオンが灯り夜景へと変化して行きます。イリマニ峰は最後の残照を残して夕闇に消えて行くのも絶景です

ウユニ塩湖

アマゾン


アマゾン川の上流部に位置するボリビア・アマゾンは、野生動物や原生林、インディオの文化が今も残る貴重な地域です。ピンク・イルカなど、アマゾンの奥地のみ生息する貴重な野生動物を観察して、インディオの人々との触れ合いなど、アドベンチャー要素の濃いアマゾンを望む方には、ボリビア・アマゾンがお勧めです。アクセスも良く、ボリビア内で4、5日あればアマゾンの奥深くへ行くことができます。
※ボリビア・アマゾンへは、「黄熱病予防接種証明書」の携帯が必要です。

ヤクマ自然保護区
レイナ・デ・エニン号

各エリア・ページ

ウユニ塩湖

アタカマ高地

チチカカ湖、レアル山群

ペルー

フォトギャラリー:ボリビア

ブログ関連記事集:ボリビア

「ボリビア」ブログ関連記事集

ボリビア情報

南米大陸のほぼ中央に位置する、海を持たない内陸の国です。国境は、ペルー、チリ、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイと接し、国土は日本の約3倍です。ボリビアの地域は、下記3つに大別されます。

◆アルティプラーノ(アンデス高原地域)
首都ラパスをはじめ、スクレやコチャバンバなどの都市は、厳しいアンデス気候から守るためにバリェスと呼ばれるすり鉢状の盆地の中に作られています。ウユニ塩湖やチチカカ湖など、4000m前後の高原がボリビアの半分を占めています。

◆リャノス(標高1000m以下の平原地域)
温暖で過ごしやす気候の地域が多く、日本人の移民の居住地もいくつかある農場地帯が広がります。標高は東に徐々に下がりパラグアイへ続きます。

◆アマゾン(熱帯雨林地域)
アンデス山脈を越えた東側の斜面は、ゆるやかにアマゾンの熱帯雨林地帯としてブラジルの大西洋岸まで続きます。アマゾンの熱帯雨林は、ボリビアの国土の約半分を占めます。6月~11月は乾季に当たり、日中には40℃を超すほど熱くなることもあります。12月~4月は雨季となり、ジャングルが水没するほどに雨が降り高温多湿になります。

ボリビア旅行:Q&A

Q:ベストシーズンはいつですか?
●ウユニ塩湖
・乾季:6月~10月には、塩湖は乾燥して真っ白な大平原となります。ラパス近郊のレアル山群のトレッキングとセットで訪れたり、チリ・アタカマ高地を縦断することができます。
・雨季:11月~5月には、表面の数cmが水に覆われて鏡のような幻想的な風景となります。雨量によっては塩湖を横断できなくなる可能性もあります。

●レアル山群
トレッキングのベスト・シーズンは、6月~10月の乾季です。乾季とはいえ、午後からはガスが出たり、降雪に見舞われることもよくありますので、山の展望を楽しむのは、早朝~お昼にかけての時間帯がベストです。
Q:他の国も周遊できますか?
A:はい。特にお勧めのコースは下記2つあります。

●ペルー&ボリビア周遊
ペルーのマチュピチュからクスコ、チチカカ湖、そしてボリビアへと陸路で巡ります。ペルーの特徴は、迫力ある遺跡がたくさんあること、ボリビアの特徴は民族色が濃く素朴な生活を見れることです。観光だけではなく、レアル山群のトレッキングやウユニ塩湖に行くと、さらに充実したプランとなります。

●チリ&ボリビア(&ペルー)周遊
チリ北部のサン・ペドロ・デ・アタカマから、ボリビア・ウユニ塩湖へと縦断します。旅のスタートは、チリの首都サンティアゴです。ここから国内線に乗り換えて、サン・ペドロ・デ・アタカマへ向かいます。アタカマ高地では、高所順応も兼ねて、1日~数日滞在します。アタカマ塩湖、ミスカンティ湖、月の谷など、絶景が多いことで有名です。国境を越えてからは、未舗装の道を四輪駆動車で縦断します。滞在する標高は平均で4000m前後ですが、最高地点で約4800mの峠を越えます。ウユニ塩湖からは、(ポトシ経由も可能)ラ・パスへ向かいます。ラパスからの帰路、国際線の状況によっては、陸路でチチカカ湖沿いにペルー国境を越えて、プーノからリマ経由で帰国するプランもあります。

Q:どのような服装が良いですか?
A:各地域により異なりますが、どの地域も朝晩の寒暖の差が大きいので、衣服は多めに持っていくことをお勧めします。

・ウユニ塩湖、レアル山群、チチカカ湖:平均的に気温が低い地域です。高山病を予防するためにも、少し多めに着込むほどがちょうど良いです。紫外線がとても強いのでサングラスが重宝します。帽子は、日除け用の帽子と防寒用の毛糸の帽子、両方を持っていくと良いです。特に乾季には気温が下がり、標高4000mで早朝には-5度前後まで冷え込むこともあります。レアル山群では、乾季でも降雪の可能性があるので、十分な準備が必要です。

モデルプラン

オーダーメイドの旅行を作るための参考例でいくつか載せています。お客様のご希望に合わせて自由自在にアレンジ致しますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

アンディーナトラベルの問い合わせフォームです。ご希望の旅行先や内容について、お気軽にお問い合わせください。24時間以内にご返信いたします。またフォームが機能しない場合、info@andina-travel.com 宛てにメールをお送りください。

お問い合わせの方は、下記のフォームをご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は下記の目的以外には使用しません。
・イベントなどのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品・サービスの関連情報をご案内すること

お申し込みフォームが作動しない場合には、お手数ですが下記までお問い合わせお願いします。
電話:03-5305-3788
メール:info@andina-travel.com

弊社を何で知りましたか? (必須)
ホームページ知人からの紹介ネット検索ツイッターまたはフェイスブックガイドブック「地球の歩き方」その他

PAGE TOP
error: Content is protected !!