Loading

アタカマ高地 – シロリ砂漠(ボリビア)

アタカマ高地 -シロリ砂漠-


チリ北部アタカマ高地から、ボリビアのウユニ塩湖まで、四駆で縦断するコースです。チリ側では、サンペドロ・デ・アタカマ(2400m)を基点に、世界第二の塩の湖・アタカマ塩湖や標高4000mにある神秘の湖・ミスカンティ湖を散策し、月の谷で日没を見学します。国境を越えて、ボリビアに入国すると、鉱物からエメラルド色に輝くラグーナ・ベルデ、プランクトンにより水が赤く染まるラグーナ・コロラダを巡り、ウユニ塩湖を目指します。未舗装の道が続き観光客のいない秘境気分を存分に味わえるコースです。サンペドロ・デ・アタカマからウユニ塩湖まで、通常では4日間かけて移動します。
※「ウユニ発着」で、アタカマ高地をチリ国境付近で往復周遊するコースは、料金が比較的に割安です。
※専用車利用・専属ガイド同行の貸し切りツアーです。ボリビアで同行した車両とガイドは、チリ国境からウユニへ戻るので、その往復コストの関係から、1名様での料金算出は難しく、2名様からの催行となります。

ボリビア・ウユニ塩湖を基点に巡るメリット

ボリビア基点でぐるりと巡る方が、チリのサンペドロに縦断しないより大幅に安くなる。その理由とは?

ウユニ塩湖からアタカマ高地へ

無人の荒野を4WDで行く
標高4000m~4500mのアンデス高原(アルティプラーノ)では
スケールを超える、変化に富む景色を楽しむ

ウユニ塩湖から高原をシロリ砂漠へ

標高4000m前後の高原では、アルパカやビクーニャが歩き、様々な奇岩や湖の織りなす独特な景観が広がります

シロリ砂漠の荒野の宿

アタカマ高地を巡る基点となるのが、アタカマ高地の荒野の宿です。ごく質素なロッジに宿泊しします。周囲にはアンデスの奥地らしい荒野が広がります

無人の荒野で満天の星空を楽しむ

周囲の数十キロにはほとんど誰も済まない荒野が広がるため、星空観賞には最適です。※標高3900-4300m付近に2軒の宿がありますが、高所のため非常に寒いです。

ラグーナ・ベルデと、ラグーナ・コロラダへ

ラグーナ・コロラダ

地熱地帯のラグーナ・コロラダは、プランクトンが大量に発生するために、赤い色をたたえています。その赤い色から、「コロラダ」=「色のついた」湖と名付けられました。フラミンゴが生息することでも有名です

ラグーナ・ベルデ

鉱物の影響で、エメラルド色に輝くのが、ラグーナ・ベルデです。「ベルデ」は「緑」を意味します。背後の山リカンカブールのはチリ国境線でもあります。

サンペドロ・デ・アタカマ

国境を越えると、チリ側のアタカマ高地となります。サンペドロ・デ・アタカマに行くには、チリ側から国境へ車を予め呼び寄せる必要があります。車両とガイドは国境を越えられないからです。

基点:ウユニ塩湖

チリ・アタカマ高地:サンペドロ・デ・アタカマ

モデルプラン

●ウユニ発着「ウユニ塩湖とアタカマ高地周遊 4日間」
1日目 <ラパス→ウユニ→ウユニ塩湖北岸>
国内線で、ウユニへ。専用車に乗り換えて、ウユニ塩湖を横断。途中、インカワシ島などにより、コルチャニの塩のホテルへ。
コルチャニ(塩のホテル)泊

2日目 <ウユニ塩湖北岸→ビリャマル>
ウユニ塩湖を縦断して、アタカマ高地へ。シロリ砂漠のビリャマル周辺へ。
ビリャマル周辺泊 

3日目 <ビリャマル→ラグーナ・ベルデ→オホ・デ・ペドリス>
朝、4WDでチリ・ボリビアの国境方面へ。鉱物からエメラルド色に輝くラグーナ・ベルデ、プランクトンにより水が赤く染まるラグーナ・コロラダや間欠泉を巡り、ビオホ・デ・ペドリスへ。
オホ・デ・ペドリス泊 

4日目 <オホ・デ・ペドリス→ウユニ→ラパス>
アンデスの4000mの高原(アルティプラーノ)を、ウユニへ戻る。
国内線で、ラパスへ。

●チリ・サンペドロ発/ボリビア・ウユニ着「ウユニ塩湖とアタカマ高地縦断 5日間」
1日目 <サンティアゴ→カラマ→サン・ペドロ・デ・アタカマ>
チリ国内線で、サンティアゴからカラマへ。アタカマ高地の基点、サン・ペドロ・デ・アタカマへ移動します(所要約3時間)。
サン・ペドロ・デ・アタカマ泊

2日目 <サン・ペドロ・デ・アタカマ滞在>
「アタカマ高地1日観光」・・・午前、先住民のトコナイ村を訪問します。昼食は、高原のミスカンティ湖でテーブルと椅子を置いてピクニックです。午後、世界第二のアタカマ塩湖に行きます。夕方は「月の谷」を行くことも可能です。
サン・ペドロ・デ・アタカマ泊

3日目 <サン・ペドロ・デ・アタカマ→チリ・ボリビア国境→ビリャマル>
朝、4WDでチリ・ボリビアの国境へ。鉱物からエメラルド色に輝くラグーナ・ベルデ、プランクトンにより水が赤く染まるラグーナ・コロラダや間欠泉を巡り、ビリャマルへ。
ビジャマル泊

4日目 <ビリャマル→ウユニ塩湖>
朝、ビリャマル発。アンデスの4000mの高原(アルティプラーノ)を、ウユニ塩湖のコルチャニへ。
コルチャニ(塩のホテル)泊

5日目 <ウユニ塩湖→ラパス>
朝、塩の大平原を4WDで疾走します。約2時間、塩の平原を移動して、「インカワシ島」へ。この島には、アンデス山脈でも特に、火山岩の上に巨大なサボテンが群生することで有名です。昼食は、塩湖の大平原に、テーブルと椅子を置いてピクニックです。午後、空港へ。
夕刻、国内線でラパスへ。

フォトギャラリー:ボリビア

ブログ関連記事集:ボリビア

「ボリビア」ブログ関連記事集

お問い合わせフォーム

アンディーナトラベルの問い合わせフォームです。ご希望の旅行先や内容について、お気軽にお問い合わせください。24時間以内にご返信いたします。またフォームが機能しない場合、info@andina-travel.com 宛てにメールをお送りください。

お問い合わせの方は、下記のフォームをご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は下記の目的以外には使用しません。
・イベントなどのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品・サービスの関連情報をご案内すること

お申し込みフォームが作動しない場合には、お手数ですが下記までお問い合わせお願いします。
電話:03-5305-3788
メール:info@andina-travel.com

弊社を何で知りましたか? (必須)
ホームページ知人からの紹介ネット検索ツイッターまたはフェイスブックガイドブック「地球の歩き方」その他

PAGE TOP