Loading

サルタ:ウマワカ渓谷の7色の谷、サリーナス・グランデス塩湖(アルゼンチン北部)

サルタ

アルゼンチン北部アンデス山脈:7色の谷と、サリーナス・グランデス塩湖

ブエノスアイレスの北1600kmに位置するサルタ地方は、アルゼンチン北部チリ・ボリビア・パラグアイの国境に接する地域です。アンデスの高原と亜熱帯の間で多様な表情を見せることで、近年注目を集めています。基点となる町・サルタ(1200m)は人口約10万人のサルタです。
かつてスペイン人が統治した時代の建築物が残るコロニアル調の町です。

ウマワカ渓谷:7色の谷

サルタからフフイを経由して北へ、ボリビア国境まで南北に続くウマワカ渓谷は、鉱物の色で7色に輝く谷があり、世界遺産にも指定されています。また、前インカ時代に遡る古代遺跡が点在し、アンデス系の先住民が今もカラフルな民族衣装をまとい暮らしています。
プルママルカ(2200m)、ティルカラ(2400m)、ウマワカ(3000m)、オルノカルなど、南米のグランドキャニオンとも言われる巨大な景観と、エキゾチックなアンデスの文化を体験できます。

サリーナス・グランデス塩湖

ボリビア・ウユニ塩湖に次ぐ規模を誇る巨大な塩湖サリーナス・グランデスは、ウマワカ渓谷の近郊に位置します。

カファジャテ渓谷とワイナリー地帯

サルタから南へ180km、ウマワカ渓谷に次ぐ異様を誇る巨大な渓谷がカファジャテ渓谷(1600m)です。メンドーサに次ぐワイン地帯としても有名です。周辺には、前インカ時代のキルメス遺跡もあります。

チリ国境越え:サンペドロデアタカマへ

終日での移動で、チリ国境を越えて、サンペドロデアタカマへの混載バスの手配も可能です。

専属英語ガイド同行

サルタ空港発着で、専属英語ガイドが同行します。

モデルプラン

●サルタ発着 ウマワカ渓谷とサリーナス・グランデス塩湖 5日間
【コースのポイント】
① ウマワカ渓谷で、7色の渓谷を展望、アンデス先住民の村や遺跡も訪問
② ウユニ塩湖に次ぐ、サリーナス・グランデス塩湖
③ カファジャテ渓谷 ※滞在時間に余裕を持たせたい日程の場合には、カファジャテ渓谷を割愛します。

モデルプラン
1 ブエノスアイレス
サルタ着
国内線でブエノスアイレス発
サルタ着
専用車にて、ホテルへ
サルタ泊(ホテル)
2 サルタ
ウマワカ渓谷
終日ウマワカ渓谷観光。7色の谷やアンデス先住民の村を訪問
ウマワカ渓谷泊(ホテル)
3 ウマワカ渓谷
サリーナス・グランデス塩湖
カファジャテ渓谷
アンデス高原のサリーナス・グランデス塩湖へ。
ピクニック・ランチの後、カファジャテ渓谷へ。
カファジャテ渓谷泊(ホテル)
4 カファジャテ渓谷
キルメス遺跡
サルタ
カファジャテ渓谷のキルメス遺跡やワイナリー訪問後、サルタへ
サルタ泊(ホテル)

5 サルタ
ブエノスアイレス
国内線でブエノスアイレスへ

関連ページ

「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム... 「南米のパリ」ブエノスアイレス アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。 かつて「南米のパリ」と呼ばれたこの都市の中心部には、古いヨーロッパ調の町並みが広がります。 ラプラタ川の巨大な河口と、都市を囲む大草原が、ブエノスアイレスに独特な存在感をもたらしているのでしょう。 「タンゴは...
南極ゾウアザラシのハーレム:サウス・シェットランド諸島にて... 圧倒的な南極大陸の氷の世界の前に -探検船で行く南極クルーズ- 南極大陸の白と青の氷の世界を前にして、最初に上陸するサウスシェットランド諸島では、意外にも多くの沿岸部で陸地が露出している。 「南極はこんなものか」と早とちりしてしまうだろうだが、そのぶん翌日からは南極らしい絶景に驚愕することに...
会社概要 会社概要 会社名 アンディーナトラベル株式会社 ...
イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...
パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望... 展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる 雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。 8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄...
PAGE TOP