Loading

サルタ:ウマワカ渓谷の7色の谷、サリーナス・グランデス塩湖(アルゼンチン北部)

サルタ

アルゼンチン北部アンデス山脈:7色の谷と、サリーナス・グランデス塩湖

ブエノスアイレスの北1600kmに位置するサルタ地方は、アルゼンチン北部チリ・ボリビア・パラグアイの国境に接する地域です。アンデスの高原と亜熱帯の間で多様な表情を見せることで、近年注目を集めています。基点となる町・サルタ(1200m)は人口約10万人のサルタです。
かつてスペイン人が統治した時代の建築物が残るコロニアル調の町です。

ウマワカ渓谷:7色の谷

サルタからフフイを経由して北へ、ボリビア国境まで南北に続くウマワカ渓谷は、鉱物の色で7色に輝く谷があり、世界遺産にも指定されています。また、前インカ時代に遡る古代遺跡が点在し、アンデス系の先住民が今もカラフルな民族衣装をまとい暮らしています。
プルママルカ(2200m)、ティルカラ(2400m)、ウマワカ(3000m)、オルノカルなど、南米のグランドキャニオンとも言われる巨大な景観と、エキゾチックなアンデスの文化を体験できます。

サリーナス・グランデス塩湖

ボリビア・ウユニ塩湖に次ぐ規模を誇る巨大な塩湖サリーナス・グランデスは、ウマワカ渓谷の近郊に位置します。

カファジャテ渓谷とワイナリー地帯

サルタから南へ180km、ウマワカ渓谷に次ぐ異様を誇る巨大な渓谷がカファジャテ渓谷(1600m)です。メンドーサに次ぐワイン地帯としても有名です。周辺には、前インカ時代のキルメス遺跡もあります。

チリ国境越え:サンペドロデアタカマへ

終日での移動で、チリ国境を越えて、サンペドロデアタカマへの混載バスの手配も可能です。

専属英語ガイド同行

サルタ空港発着で、専属英語ガイドが同行します。

モデルプラン

●サルタ発着 ウマワカ渓谷とサリーナス・グランデス塩湖 5日間
【コースのポイント】
① ウマワカ渓谷で、7色の渓谷を展望、アンデス先住民の村や遺跡も訪問
② ウユニ塩湖に次ぐ、サリーナス・グランデス塩湖
③ カファジャテ渓谷 ※滞在時間に余裕を持たせたい日程の場合には、カファジャテ渓谷を割愛します。

モデルプラン
1 ブエノスアイレス
サルタ着
国内線でブエノスアイレス発
サルタ着
専用車にて、ホテルへ
サルタ泊(ホテル)
2 サルタ
ウマワカ渓谷
終日ウマワカ渓谷観光。7色の谷やアンデス先住民の村を訪問
ウマワカ渓谷泊(ホテル)
3 ウマワカ渓谷
サリーナス・グランデス塩湖
カファジャテ渓谷
アンデス高原のサリーナス・グランデス塩湖へ。
ピクニック・ランチの後、カファジャテ渓谷へ。
カファジャテ渓谷泊(ホテル)
4 カファジャテ渓谷
キルメス遺跡
サルタ
カファジャテ渓谷のキルメス遺跡やワイナリー訪問後、サルタへ
サルタ泊(ホテル)

5 サルタ
ブエノスアイレス
国内線でブエノスアイレスへ

関連ページ

レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)... レンソイス砂漠の畔に群生する「世界一巨大なマングローブの木」 ブラジルのレンソイス砂漠の畔、汽水域に生息するマングローブは、樹高が約30mに達する世界一背の高いマングローブです。汽水域とは、海水と淡水の混ざる水域のことを言います。 樹上から水面に向けて、多くの支柱根と呼ばれる根を下げて、...
水辺にて ニュージーランドの森 山を歩いている時、もし川の水をそのまま飲めたら、とても幸せになるものです。清冽な川の水にコップを入れて飲む。森から沁みだす水は、たとえ氷河から直接流れ出す水でも、清浄な土が濾過する中で飲みやすくて甘い水に変えてくれます。 そんな風に安心して水を好き放題に飲める場所は、いま思い...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...
PAGE TOP