Loading

風景写真家・松井章のブログ

“虹の谷”ウマワカ渓谷のプルママルカ村へ:アルゼンチン北部サルタ地方

アルゼンチンの辺境エリア:ウマワカ渓谷

地層により様々な色に輝くことで有名なウマワカ渓谷は、別名「虹の谷」とも呼ばれます。アルゼンチン旅行で徐々に注目されているエリアです。

ウマワカ渓谷は、アルゼンチン北部のボリビア・チリ国境部にある辺境地区です。文化的には、アルゼンチンというよりはボリビアやペルーの先住民文化の方が優勢です。インカ帝国の首都クスコからはるかに遠い、ここアルゼンチン北部地方もまた、昔はインカ帝国の一部であったのです。

『辺境残存の法則』とは

『辺境残存の法則』という言葉をご存じでしょうか。繁栄した文化とは常に膨張するもので、その文化圏はいずれ辺境地区に達します。そしてその文化が一つの頂点を越えた時、中心部では別の文化がとって変わるように興隆するものですが、辺境地区までその攻防は届かずに、いつまでもかつての文化がそのまま残る、という法則です。

たとえば、敬虔なチベット仏教国のブータンは、“ニンマ派”と呼ばれる宗派のチベット仏教です。このニンマ派は最古の宗派で、チベット仏教発祥の地・ラサではすでに“ニンマ派”は去り、いくつもの宗派が興隆と交代を繰り返しています。
しかし、チベット仏教圏の辺境地区のブータンでは最古のニンマ派が今も主流派として残るのです。

インカ帝国の時代が過ぎ去り、スペインによる激しい侵略と破壊がペルーとボリビアのインカ帝国の中心部をを席捲しましたが、ウマワカ渓谷にはあまり届かなかったかのように、インカ時代の遺跡や名残を今も目にすることができます。

ウマワカ渓谷の基点・プルママルカ村


ボリビアへと南北に続くウマワカ渓谷で、ツーリストの基点となるのがプルママルカ村です。ウマワカ渓谷の世界観は映画「風の谷のナウシカ」に似ています。“風の谷”のような場所がプルママルカ(2340m)です。
荒涼とした谷のオアシスにできた小さな村で、周囲は赤や橙色、そして緑色など、カラフルな地層の断崖に囲まれています。

アンデス山脈の乾季に当たる4~10月は晴天率が高く、高原の空はどこまでも深く青いです。日本では見たことも無いような青黒い空は、きっとそれだけ宇宙に近いのだと思えてきます。

ウマワカ渓谷らしい奇抜なデザインのホテル宿泊


プルママルカ村の世界感を見事に形にしたのが「Los Colorados Cabañas Boutique Hotel」です。まるで別の惑星に来たように思えてくるでしょう。

村の景観に溶け込んだホテルは「3星ホテル」で、大きな間取りにはキッチンや屋上もあります。村から少し離れているので、夜には屋上から星空を望むと「銀河」も見えるでしょう。ホテルから星空観測ができるのも魅力です。

村の中心部までは徒歩10分ほどです。

アルゼンチン北部料理を満喫


アルゼンチン北部料理のサルタ地方に属するプルママルカは、小さな村ながら食事も期待できます。
特にミートパイ「エンパナーダ」で、サルタ産のエンパナーダは『サルテーニャ』と呼ばれ最も美味しいエンパナーダと言われます。

アルゼンチン伝統料理である「ギソ」や「カスエラ」も、アルゼンチンらしい出汁とインカの味が混じりあり、サルタ地方独特の美食となっています。

プルママルカを基点にウマワカ渓谷を巡る

プルママルカに2、3泊しながら、ウマワカ渓谷を巡るのがお勧めです。“14色の谷”として世界的に注目されるオルノカル、巨大なサリーナス・グランデス塩湖を始め、インカ時代のティルカラ遺跡や渓谷のイルーヤ村など、訪問すべき場所はいくつもあります。

アルゼンチンの中でも、特異な風景と文化が広がるサルタ地方において、ウマワカ渓谷はぜひ訪れたい場所です。

関連ページ:サルタ地方&ウマワカ渓谷

《動画》ウマワカ渓谷(予告編)

ガウチョの歌声と伝統舞踏/オンブ牧場1日観光③

食堂車を新設:ウユニ塩湖グランピング

関連記事

  1. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  2. ペルー・アンデス山脈の小さなお祭り

    2022.09.29
  3. インカ文明を支えた農作物「トウモロコシ」の不思議

    2022.07.04
  4. 【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」1月号

    2021.12.20
  5. 写真展の展示写真「西表島の原生林」

    2022.12.25
  6. インスタグラムにて「南米のフォト・ギャラリー」開設

    2017.05.07
パタゴニア
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP