Loading

PHOTO-BLOG

食堂車を新設:ウユニ塩湖グランピング

ウユニ塩湖を独占する「グランピング」の究極形

ウユニ塩湖でグランピングする「デラックスキャンパー」ツアーで、『食堂車』を新造しました。

このグランピング・ツアー「デラックス・キャンパー」は、アメリカで伝説的なキャンピングカーとして有名な「エアストリーム」を利用しています。エアストリームは、ベッドを始め、水洗トイレ、温水シャワー、暖房、食堂などを完備しています。

食事は専属シェフが作り、専属ウェイターが食事を運ぶ、グランピング型のキャンプです。スタッフをまとめてツアーを引率する英語(または日本語)ガイドも専属で同行しますので、すべてお任せで、ウユニ塩湖の自然を朝から晩までとにかく楽しむのが、ウユニ塩湖グランピングの魅力です。

この「デラックス・キャンパー」で食事をさらに充実するために、専用の「食堂車」を新造しました。ラウンジ型の食堂車は、展望を重視して大きな窓を備えているので、夜間には星空を展望するときにも、このラウンジを利用できます。

誰もいないウユニ塩湖の奥地で、贅沢な時間を過ごすならば、この「ウユニ塩湖グランピング」はまさに究極の滞在方法と言えるでしょう。

このグランピングで美味しい食事をご提供するために、専属シェフをラパスのレストランから連れてきていますので、最新のボリビア料理をツーリストが食べやすいようにアレンジしてくれます。

通常は2泊から手配していますが、ウユニ塩湖の自然を満喫するためには、できれば3泊のプランをお勧めしています。

関連ページ:ウユニ塩湖&グランピング

“虹の谷”ウマワカ渓谷のプルママルカ村へ:アルゼンチン北部サルタ地方

ウユニ塩湖で「食」にこだわる:日帰り観光の特別プラン

関連記事

  1. 乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

    2014.07.11
  2. ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.06.30
  3. アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

    2015.07.03
  4. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  5. 宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

    2015.06.21
  6. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP