Loading

PHOTO-BLOG

「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖

世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。

ウユニ塩湖の悠久の成り立ち

ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠久の時を経て、大地は徐々に隆起して富士山とほぼ同じ高さまで上昇します。この過程の中で、盆地状のウユニ塩湖から流れ出る川が無かったことから、海水はウユニ塩湖に残り、今のウユニ塩湖の原型となりました。
塩湖の底にはリチウムが大量に眠っており、世界のリチウムの半分はウユニ塩湖にあると言われています。貧しい南米の内陸国ボリビアにとって、天然資源は富を得る数少ない切り札なのです。
地面の塩を舐めると、その濃縮した味はとても深いことに気づくでしょう。ウユニ塩湖の塩は料理にも最適なのです。このウユニ塩湖の塩を舐めて育ったリャマのステーキは絶品です。

乾季・ウユニ塩湖の魅力

東西約200kmに及ぶウユニ塩湖の魅力とは、その塩の平原を車で疾走することでしょう。それはまるで空中を浮遊しているのか、あるいは異世界に迷い込んだかのような「幻想的」な体験です。乾季の4月~10月は、雲一つ無い青空が空を覆います。空の青と、塩の白、世界の全て地平線までこの2色だけで成り立ちます。情報過多な文明の生活とは対極にある体験です。

ウユニ塩湖のサボテン島「インカワシ」は乾季だから訪れることができます。標高50mほどの丘に上がれば、ウユニ塩湖を一望できる絶景の展望台です。そして、この島をびっしりと覆う巨大なハシラサボテンにも圧倒されるでしょう。

このウユニ塩湖の途方も無い広さは、「乾季」に体験することができます。
雨季は大半が水没しているために車両が通行できるのはごく一部だからです。そして、その一部には多くのツーリストが集まるので少し人口密度も高いのです。
誰もいない真のウユニ塩湖の体験するには、乾季がベストな理由です。
実際、欧米人のツーリストには、雨季よりも乾季の方が人気があります。国によってトレンドがありますが、乾季はシーズンオフではないことを、日本に伝わると良いなぁと思っています。

乾季・ウユニ塩湖でグランピング体験

というのも、ウユニ塩湖で最も贅沢な体験は「キャンピングカー」でグランピング体験をすることです。このグランピングは乾季が基本となるからです。前述の通りに、雨季は水没しているので野営は難しく、岸に上陸してキャンプすることになります。
乾季であれば、360度、塩の大平原の真ん中でグランピングできます。朝日・夕日・星空まで、ウユニ塩湖のすべてを独り占めできるグランピングは、ウユニ塩湖の究極の旅の形と言えるでしょう。

グランピング関連ページ

※ボリビアに3台だけある、アメリカ製のエアストリームには、暖房・電気・トイレ・シャワーが完備されています。専属ガイドやシェフはなどのスタッフは別の車に滞在します。

【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

関連記事

  1. ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ

    2017.12.11
  2. マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場

    2018.08.17
  3. 薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

    2018.09.14
  4. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  5. ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

    2016.09.28
  6. アタカマ高地縦断:ラグーナ・コロラダのフラミンゴ

    2015.07.01
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP